Record China

ヘッドライン:

旧正月連休の旅行者、初めて延べ2億人を突破か―中国

配信日時:2013年1月27日(日) 17時31分
拡大
25日、中国の2013年の春節連休中の旅行者数は初めて延べ2億人の大台を突破し、前年同期比20%増の延べ2億1100万人に達する見通しという。写真は天安門。
(1/2枚)

2013年1月25日、「全国假日旅遊部際協調会議弁公室」(以下「全国假日弁」によると、2013年の春節(旧正月、今年は2月10日)連休中の旅行者数は初めて延べ2億人の大台を突破し、前年同期比20%増の延べ2億1100万人に達する見通しという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

その他の写真

24日に開かれた「2013年春節假日旅遊部際協調会議連絡員会議」によると、先立って発表された高速道路通行料無料化政策と一部観光地における入場料値下げ・優待措置によって、国民の旅行意欲が刺激された。

今年の春節連休中、中国で旅行に出る人は初めて延べ2億人の大台を突破し、前年同期比20%増の延べ2億1100万人、観光収入は同25%増の1267億元(約1兆7738億円)にそれぞれ達すると予想されている。

全国暇日弁の呉文学(ウー・ウェンシュエ)執行主任によると、春節連休中の観光市場は引き続き盛況を維持すると楽観視されている。しかし、国内観光市場は「限界をオーバーした観光地のキャパシティー」「目的地に向かう道路の深刻な渋滞」「極めて困難な復路の切符購入」など、数多くの未解決問題や新たな課題に直面している。これらの問題によって、各観光地は交通・安全保障面において、過去に例を見ないほどの大きなプレッシャーを受けている。また、観光市場の秩序やサービスの質においても、さらに大きな問題が立ちはだかっている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/TF)

関連記事

日中関係の冷え込み、本当に“痛い”のはどちらか―中国メディア

23日、尖閣諸島をめぐる日中両国の関係悪化による中国旅行の安全性への懸念や反日活動が招いた中国に対する悪感情が原因で、団体客のキャンセルなどで日中間の定期便の16%が減便となった。写真は北京市内の長富宮ホテルの日本語新聞・雑誌の販売コーナー。

Record China
2012年10月27日 14時4分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング