2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

大気汚染による「北京咳」が新名物に、海外ガイドブックにも掲載―米華字メディア

配信日時:2013年1月26日(土) 13時59分
大気汚染による「北京咳」が新名物に、海外ガイドブックにも掲載―米華字メディア
画像ID  367955
24日、「北京ダック」と「京劇」という北京のこれまでの名物に、大気汚染によって引き起こされる「北京咳」が新たに加わり、すでに海外の観光ガイドブックにも掲載されている。写真は22日の北京。
2013年1月24日、米国営ラジオ局ボイス・オブ・アメリカの中国語版ウェブサイトは、「北京ダック」と「京劇」という北京のこれまでの名物に、大気汚染によって引き起こされる「北京咳」が新たに加わり、すでに海外の観光ガイドブックにも掲載されていると報じた。

その他の写真

北京咳は、正式な病名ではなく、外国人が北京に滞在している時だけに発症する呼吸器症状に対する俗称で、北京在住の外国人の間で流行している呼称だという。

北京では今年に入ってから、大気の汚染度を表す指数PM2.5(粒径2.5マイクロメートル以下の超微粒子)の測定値が世界保健機関(WHO)の定めた年平均値の数十倍から90倍という異常に高い値を連続して記録している。

一部の外国人は北京に到着後すぐに咳に悩まされ始め、咳は数十秒間に1回、毎回かなり長い間続き、北京を離れると急に症状が治まるという。北京のグリーンピースのメンバーは「北京の深刻な大気汚染は外国人だけでなく、北京市民、特に屋外で働く人々に大きな害を与えている」と警告する。

一方、一部の政府系メディアは定着し始めた「北京咳」の呼称について、「北京に対する極度の侮辱」と反撃し始めている。

経済発展によって短期間に激増し500万台を超えた自動車は極度の渋滞を招き、大量の排気ガスをまき散らし、環境を汚染して、人々の健康にも害を与えている。こうした中、騒がしいクラクションと北京咳によるハーモニーは、経済成長のみを強調し過ぎてきた中国モデルに反省の時がやって来たと忠告しているのではないだろうか?(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事