Record China

ヘッドライン:

中国経済の将来的な成長はどうなのか?「日本が参考になる」と専門家―中国メディア

配信日時:2019年2月18日(月) 6時0分
拡大
16日、新浪財経は、中国経済の将来的な成長について日本の例が参考になるとする専門家の見方を紹介した。資料写真。

2019年2月16日、新浪財経は、中国経済の将来的な成長について日本の例が参考になるとする専門家の見方を紹介した。

記事は、16日に北京で開催された「中国経済50人フォーラム2019年年会」に、北京大学国家発展研究院の姚洋(ヤオ・ヤン)院長が出席し、発言したことを紹介した。

記事によると、姚氏は「中国は低速の成長に慣れる必要がある」との見方を示し、「われわれは輸出主導の拡張型成長モデルとはすでに別れを告げており、われわれの工業化のピークはすでに過去のものとなった。工業化からの脱却はすでに始まっており、サービス業が中国経済成長の主要な部門となっており、人口ボーナスも減退期に入った」と語った。

姚氏によると、輸出主導の発展モデルは、08年の金融危機前にすでにピークを迎えており、06年から07年ごろがピークで、その後は減少しており、この先さらに減少することが予想されるという。

姚氏はまた、「工業化からの脱却はすでに始まっている」と分析。「新世紀に入ってから最初の10年間の工業化増加率は、それ以前の40年分の増加に相当し、比類のない増加を見たが、10年以降は工業化から方向を転換しており、すでに脱却し始めている。総人口に占める労働人口の割合も10年をピークに減少している」と語り、「日本も韓国も工業化のピークを迎えてから、転換を余儀なくされている」と指摘した。

中国経済の将来的な成長速度について、姚氏は「日本の例が啓示を与えてくれている」と分析。「1973年から1993年までの間、日本の成長率は平均2.8%に過ぎない。日本は70年代と80年代に世界のほとんどすべてのイノベーションを独占していたが、それでも経済成長率は3%にも届かなかった。われわれはイノベーションが経済成長率を上げるとよく言うが、実際のところイノベーションで上げることはできない」との見方を示したという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】中国の「経済成績表」を見る

 中国では21日、2018年の「経済成績表」が発表された。うち、国内総生産(GDP)は前年比6.6%増で初めて90兆元を突破し、6.5%成長とされた予定目標を達成した。消費者物価指数(CPI)は2.1%の成長で、3%前後という予定目標を下回った。都市部における新規雇用者数は136...

CRI online
2019年1月21日 21時30分
続きを読む

<現地ルポ・中国の実態(1)>米中経済覇権争い、中国は持久戦略=習主席、対米融和へ訪米かー国交樹立40周年で双方歩み寄り

2018年暮れに、中国の瀋陽、長春など東北地方を訪問、実態を取材したほか、瀋陽での日中学術メディア対話会に出席し、多くの人たちと交流した。この現地取材も含め、中国の実態と今年の課題について連載する。写真は戦前に建設された瀋陽駅(筆者撮影)。

八牧浩行
2019年1月1日 9時0分
続きを読む

ランキング