米国がまた同盟国の「裏切り」に?ドイツもファーウェイの5G参入容認か―米華字メディア

配信日時:2019年2月20日(水) 12時30分
米国がまた同盟国の「裏切り」に?独もファーウェイの5G参入容認か
画像ID  1067800
19日、米華字メディアの多維新聞は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の次世代通信規格「5G」分野への参入をめぐり、「米国が再び同盟国の裏切りにあうことになるかもしれない」と報じた。写真はファーウェイの製品。
2019年2月19日、米華字メディアの多維新聞は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の次世代通信規格「5G」分野への参入をめぐり、米国を中心に排除の動きが強まる中、英国に続いてドイツもファーウェイの5G参入を認める可能性が伝えられているとし、「米国が再び同盟国の裏切りにあうことになるかもしれない」と報じた。

記事は、英紙フィナンシャル・タイムズが17日付で、ファーウェイの5G参入をめぐり、英政府通信本部(GCHQ)傘下の国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)が、ファーウェイ製品を5G網に導入しても安全保障上のリスクは抑えられると評価したことを紹介した。

その上で、米ブルームバーグが19日付で「複数のドイツ当局者によると、ドイツ政府は同国の5G網の構築にファーウェイの参入を認める方向に傾いている」と報じたことを紹介し、「これは、米国の同盟国がワシントンによるファーウェイ排除戦略に対立する最新の事例だ」と報じた。

記事はまた、こうした報道について、ドイツのアルトマイヤー経済相が19日、「ファーウェイの参入を認めるかをめぐり、政府部内でなお協議している」と述べたことも紹介した。

多維新聞はまた別の記事で、米国、英国、カナダ、オーストラリアと「ファイブ・アイズ」と呼ばれる機密情報の共有網を築くニュージーランドのアーダーン首相が19日、同国メディアの取材に応じ、「5G網の構築にファーウェイの製品を使用するかどうかの最終的な決定はまだ行われていない」とし、「(同国の大手通信事業者の)スパーク・ニュージーランドが安全保障上の懸念を和らげるべきだ」と述べたことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2019/02/20 16:54)

    そうか、ドイツがか・・・。 いずれ中国に通信ごと乗っ取られ、勢い余って大好きなドイツソーセージも中国に生息しているワケわかんない動物の肉に替わり、ビールも中国の極彩色に化粧された水田で育ったカラフルな麦で醸造されるようになり、ポルシェ・Mベンツ・BMW・VW・オペルなどのパワーユニットもなぜか三菱のGDIエンジンになってしまうのか~。 ・・・・さようならドイツ(泣)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/20 13:00)

    ドイツやっちまったかという感じだ、ドイツのメルケル首相はやたら中国にご執心のようで先日の会議でも中国をベタ誉めしていたが、しかし中国のファーウェイを本当に導入するとは思わなかった、まあ中国製品を入れる代わりにドイツの高級車を買ってもらえればという事なのかも知れないが、その代償はかなり大きい物になりそうだ、ドイツの秘密事項を諜報されてもいいのだろうか?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事