中国の折りたたみスマホに「しわ」指摘、韓国ネットが辛口評価「ボトックス注射を打ったら?」

Record China    2019年2月27日(水) 6時50分

拡大

25日、韓国・マネートゥデイは、中国・ファーウェイが前日公開した初の5G対応の折りたたみ型のスマートフォン「HUAWEI Mate X」について、サムスン製と比較する記事を掲載した。写真はファーウェイの売り場。

2019年2月25日、韓国・マネートゥデイは、中国・ファーウェイが前日公開した初の5G対応の折りたたみ型のスマートフォン「HUAWEI Mate X」について、サムスン製と比較する記事を掲載した。

記事は、Mate Xについて「技術的完成度に対する指摘を受けている」と報じた。米ITメディア・PhoneArenaが24日(現地時間)、Mate Xについて「画面が完全に平らにならず、しわになる」とし、「この問題は購買意欲をなくさせるほどではないが、価格が2299ユーロ(約29万円)であり、買うのを悩んでいるのであればこの問題点は絶対に知っていなければならない」と伝えた。Mate Xは画面を外側に折る製品で、開くと8インチ、折りたたむと6.6×6.4インチのスマートフォンとして使用でき、「スリムだ」と好評を得ていた。記事は「外側に折るタイプは、内側に折るタイプより曲がる画面面積が広く、伸縮によるしわ面積も大きくなり目立ちやすい」と伝えている。

一方、サムスンが公開したGalaxy Foldについては「画面を内側に折るタイプで、サムスンによると20万回以上折りたたんでも製品が変形しない耐久性を備えている」と伝えている。新たに開発されたヒンジ技術により、本のように柔らかく自然に画面を開くことができ「画面を折っても平らでスリムな形を維持することができる」という。

記事ではこのほかに、スペイン・バルセロナで行なわれたMate Xの発表についても「不安定な場面があった」と伝えている。同社CEOのリチャード・ユー氏の試演中、画面が消えてしばらく点灯せず、その後の製品紹介の時もうまく開けず「戸惑う場面があった」と指摘している。

韓国のネット上では「これじゃ詐欺じゃん」「サムスンは嫌いだけど技術力は認める。それに比べてこれは何?おもちゃみたいなのが30万円もするの?」「外側に折ること自体良くない」「まだサムスンの技術力を盗めなかったんだね(笑)」「ファーウェイはサムスンクラスじゃないでしょ」など辛口コメントが目立つ。

価格に関しても「高額設定は買わないでって意味じゃない?」「品質に自信がないから、価格を高めに設定して最大限売らない作戦かもね」など推測する声が上がり、中には「そのしわにはボトックス注射を打ったらいいかな?」と皮肉たっぷりのコメントを寄せるユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携