Record China

ヘッドライン:

「オーストリアの過去直視に共感」文大統領の発言に韓国ネットが意外な反応

配信日時:2019年2月15日(金) 20時10分
拡大
14日、韓国・ニューシスは「文大統領“過去の歴史を直視、未来志向的発展の土台に”」との見出しで報じた。写真は文大統領。

2019年2月14日、韓国・ニューシスは「文大統領“過去の歴史を直視、未来志向的発展の土台に”」と題する記事を報じた。

記事によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日午後、韓国大統領府でオーストリアのセバスティアン・クルツ首相との首脳会談を開いた。その冒頭発言で「(クルツ)首相が昨年、オーストリア共和国樹立100周年記念式にホロコースト生存者約80人を招待し『過去の歴史を直視し、かつてナチスに同行した責任を認めるのに長い時間がかかった』とおっしゃったことに深く共感する」とし、「正義と真実の原則の下、不幸な過去の歴史を直視することは、未来志向的な発展の土台になると信じている」と述べたという。そして「韓国も今年、大韓民国臨時政府樹立100周年となったが、(日韓)両国がこれまでの100年の歴史をもとに今後も明るい未来を一緒に築くため緊密に協力していくことを願う」と述べたという。

これについて記事は「自国出身のヒトラーを支持し、ユダヤ人虐殺の先頭に立ったオーストリアが過去の責任を認めたように、日本も統治時代の不幸な歴史に対する責任を認めなければならないというメッセージと解釈できる」と伝えている。

韓国のネット上では「過去は忘れちゃダメ。だって過去は未来なんだから!」のコメントをはじめ、「大統領の言葉は正しい」「クルツ首相の訪韓に合わせての発言には大きな意味がある。安倍首相、聞いてますか?」と賛同の声が上がる一方で、「最近は日本より文大統領の方が嫌い」「大統領の選択的な過去発言はもううんざり。大体生まれてもいないのに日本の蛮行はよく覚えていて、同じ民族同士で争った北朝鮮の蛮行はすっかり忘れたっていうの?」「自分たちに有利な過去史だけ直視してるんでしょ」など反論の声が上回っている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング