【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国サムスン、再び中国ブランドに敗れる―米華字メディア

配信日時:2019年2月15日(金) 6時10分
韓国サムスン、再び中国ブランドに敗れる―米華字メディア
画像ID  1067663
14日、米華字メディア・多維新聞は、「韓国サムスン電子がタイのスマートフォン市場でも中国ブランドに敗れた」と報じた。資料写真。
2019年2月14日、米華字メディア・多維新聞は、「韓国サムスン電子がタイのスマートフォン市場でも中国ブランドに敗れた」と報じた。

記事によると、市場調査会社Canalysはこの日、18年第4四半期のタイ市場に関する調査結果を発表。サムスンはシェア21.1%で2位となり、22.2%を占めた中国OPPOがトップに立った。

記事は「中国ブランドの小米は昨年、インド市場で28%を占め、サムスン(24%)を破ってシェア1位になった。インドに続き、東南アジアでもサムスンのかつてのような勢いは存在しなくなった」と指摘するとともに、「タイは東南アジアで2番目に大きい市場。18年のサムスンの出荷台数は前年から36.1%減ったが、OPPOは増加率が69.8%に達した」と伝えた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事