日本で過ごす春節、今年はすごく違った―日本在住中国人記者

配信日時:2019年2月15日(金) 17時20分
日本で過ごす春節、今年はすごく違った―日本在住中国人記者
画像ID  1067577
14日、中国紙・環球時報(電子版)に「日本で過ごす春節、今年はすごく違った」とする記事が掲載された。写真は春節カラーに染まった東京タワー(撮影:任鋭)。
2019年2月14日、中国紙・環球時報(電子版)に「日本で過ごす春節、今年はすごく違った」とする記事が掲載された。

筆者は日本在住の中国人記者で、「日本生活が長く、日本で少なくない数の春節(旧正月)を過ごしてきたが、今年の状況はすごく違うものだった」と感想を述べた。

筆者が最初に指摘したのは、旧暦大みそかの今月4日夜、東京タワーが中国風の赤い色にライトアップされたことだ。記事は「日本のほぼすべてのテレビ局がこの話題を伝え、ソーシャルメディアも『中国紅(チャイナ・レッド)』にライトアップされた東京タワーの写真で覆われた。東京タワーが中国の新年を祝うために赤くライトアップされたのは今回が初めてだ」とした。

続けて「もっと異例だったのは、東京タワーの点灯式終了後、各テレビ局が、安倍晋三首相が新年を祝うビデオメッセージを放送したことだ」とし、「安倍首相は中国語で『大家過年好(皆さん、あけましておめでとうございます)』とあいさつし、さらに『百聞は一見にしかず』という言葉を用いて国民同士の直接交流を呼び掛けた」とした。

次に「日本各地の中華街のイベントは、今年は例年にも増してにぎやかだった」とし、「神戸市の中華街・南京町ではコスプレパレードが行われ、楊貴妃や包拯、西遊記の師匠と弟子の4人などが登場すると、多くの日本人観光客を引き付けていた。東京タワーの下でも、中国の風情に満ちた提灯祭が開かれた」とした。

また「2016年から毎年恒例となった春節聯歓晩会(中国版・紅白歌合戦)のニコニコ生放送は今年も例外ではなく、旧暦大みそかの夜に6万人以上の日本人がオンラインで視聴した」などとした。

その上で、「中国に対する日本の世論は明らかに改善している。日本政府が中国との関係を重視する姿勢を表明したことが、そうした流れを導いている」とする日本人記者の話や、「日本人の中国に対する受け止めは変わってきている。経済で中国に追い抜かれた後、中国に対して批判や悪口なども見られた。だが今では中国経済を悪く言う日本人はほとんどいない。中国から毎年700万人が日本を旅行し、日本に大きな経済的利益をもたらしていることが、日本社会に中国との協力の重要性を認識させている」とする日本の大学教授の話を紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事