Record China

ヘッドライン:

中国にも視察に来たのに…米最大の高速鉄道プロジェクトが「終わった」―中国メディア

配信日時:2019年2月14日(木) 14時0分
拡大
13日、環球時報は、「悲報!米国最大の高速鉄道プロジェクトが、終わった」として、カリフォルニア高速鉄道の建設計画が白紙に戻ったことを報じた。写真は中国高速鉄道。

2019年2月13日、環球時報は、「悲報!米国最大の高速鉄道プロジェクトが、終わった」と題して、米カリフォルニア州の高速鉄道の建設計画が白紙に戻ったことを報じた。

記事は「今日、米国からのある情報が多くの中国人の気を引いた。それは、米国史上最大のカリフォルニア高速鉄道建設プロジェクトが、再び完成前にご破算となったことだ。サンフランシスコ、ロサンゼルスという同州の大都市を結び、時速354キロを予定していたこのプロジェクトは2008年に立ち上がったが、資金繰りやコスト、用地確保の問題で座礁。15年にようやく着工式が行われ、工事がスタートしたが、19年に入って再びストップしてしまった」と伝えた。

そして、同高速鉄道建設に当たっては、積極的に推進してきたジェリー・ブラウン前同州知事が13年と17年に2度中国を訪問して中国高速鉄道の乗車体験を行い、しきりに称賛を口にしたと紹介。しかし、ブラウン氏の後を引き継いだ現在のギャビン・ニューサム知事が12日にコストと時間を理由にこれまでの建設計画を撤回し、大幅に縮小する意向を表明したことを伝えている。

そのうえで「米国のネット上にある専門的な分析文章の多くが、高速鉄道とん挫の一番の原因として、米国が『自動車国家』であることを指摘している。市民は主に自動車と発達した高速道路を使って長距離移動をし、列車は主に貨物を輸送する機能を担っているほか、都市の構造自体に強い『自動車色』が見られ、都市間軌道交通の建設に向いていないというのだ」と解説した。

さらに、米国では航空業も極めて発達しており、空港の数は中国の数倍もあり、チケットも比較的安価であることから、米国では中国のように高速鉄道を積極的に敷設する必要性が一層打ち消される状況にあるとの指摘も紹介した。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国が米国より優れている5つのこと―米記者

米ニュースサイト「ビジネスインサイダー」にこのほど、中国に6週間滞在した記者による「中国が米国より優れている5つのこと」とする記事が掲載された。写真はスマホ決済で野菜を買う外国人。

Record China
2018年9月22日 17時20分
続きを読む

ランキング