中国にも視察に来たのに…米最大の高速鉄道プロジェクトが「終わった」―中国メディア

配信日時:2019年2月14日(木) 14時0分
米最大の高速鉄道プロジェクト撤回、中国メディア「終わった」
画像ID  1067558
13日、環球時報は、「悲報!米国最大の高速鉄道プロジェクトが、終わった」として、カリフォルニア高速鉄道の建設計画が白紙に戻ったことを報じた。写真は中国高速鉄道。
2019年2月13日、環球時報は、「悲報!米国最大の高速鉄道プロジェクトが、終わった」と題して、米カリフォルニア州の高速鉄道の建設計画が白紙に戻ったことを報じた。

記事は「今日、米国からのある情報が多くの中国人の気を引いた。それは、米国史上最大のカリフォルニア高速鉄道建設プロジェクトが、再び完成前にご破算となったことだ。サンフランシスコ、ロサンゼルスという同州の大都市を結び、時速354キロを予定していたこのプロジェクトは2008年に立ち上がったが、資金繰りやコスト、用地確保の問題で座礁。15年にようやく着工式が行われ、工事がスタートしたが、19年に入って再びストップしてしまった」と伝えた。

そして、同高速鉄道建設に当たっては、積極的に推進してきたジェリー・ブラウン前同州知事が13年と17年に2度中国を訪問して中国高速鉄道の乗車体験を行い、しきりに称賛を口にしたと紹介。しかし、ブラウン氏の後を引き継いだ現在のギャビン・ニューサム知事が12日にコストと時間を理由にこれまでの建設計画を撤回し、大幅に縮小する意向を表明したことを伝えている。

そのうえで「米国のネット上にある専門的な分析文章の多くが、高速鉄道とん挫の一番の原因として、米国が『自動車国家』であることを指摘している。市民は主に自動車と発達した高速道路を使って長距離移動をし、列車は主に貨物を輸送する機能を担っているほか、都市の構造自体に強い『自動車色』が見られ、都市間軌道交通の建設に向いていないというのだ」と解説した。

さらに、米国では航空業も極めて発達しており、空港の数は中国の数倍もあり、チケットも比較的安価であることから、米国では中国のように高速鉄道を積極的に敷設する必要性が一層打ち消される状況にあるとの指摘も紹介した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/17 17:34)

    まあ表向きの理由はアメリカが車社会である事とアメリカ内部の確執だとは思うが、中国高速鉄道の無計画さと杜撰さと危なっかしさに恐れを抱いたのかも知れない、この記事でもお金と時間ばかり掛かって建設が捗らなかった事を理由の一つにあげている、ジェリーブラウン氏が中国高速鉄道を褒めていたのは恐らくリップサービスだと思われる、かと言って今さら中国高速鉄道をキャンセルして日本の新幹線に切り替えるのは余りに無駄なので中止されたのだろう、あと中国高速鉄道なんて導入するとどんな諜報システムが搭載されているのかわかったものではないし
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/14 15:37)

    アメリカが〈自動車国家〉であるなんて、鉄道の建設前からわかっていたことだ。どうして途中で頓挫(とんざ)するような計画を無理やり推し進めたのだろうか。おそらくジェリー・ブラウン前カリフォルニア州知事が中国マネーを握らされていたのだろう。そしてギャビン・ニューサムは前知事の汚職について糾弾して選挙で新知事に当選したのだ。中国いわく『中国のように立候補者を党が指名すればこんな事にはならなかった』そうだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/02/14 14:33)

    次から次へと金の無心をして来る中国のやり口が分かったからだろ そもそも米国が要求する基準を全く満たせてないんだから白紙も当然だろ 最初っから日本に任せとけば資金は高くなっただろうけど 地震対策にも実績のある分、こんな事にはならんかったろうね
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事