爆発的ヒットを記録、中国SF映画「流浪地球」が話題!あの外交部報道官もおススメ―中国

配信日時:2019年2月14日(木) 11時10分
爆発的ヒットを記録、中国SF映画「流浪地球」が話題!
画像ID  1067521
13日、中国で爆発的なヒットを生んでいるSF映画「流浪地球」だが、原作小説の原稿料が驚くほどわずかだったことや、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官まで作品に言及したことなど、さまざまな角度からも話題を呼んでいる。
2019年2月13日、中国で爆発的なヒットを生んでいるSF映画「流浪地球」だが、原作小説の原稿料が驚くほどわずかだったことや、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官まで作品に言及したことなど、さまざまな角度からも話題を呼んでいる。

その他の写真

初めての本格的な中国SF映画として、旧正月に合わせて封切られた「流浪地球」が爆発的なヒットを記録。公開9日目となった13日には、興行収入が26億元(約427億円)を突破している。

この映画は地球の終末がが近づく中、地球ごと太陽系の外へ脱出するという画期的なテーマを描いたもの。中国映画市場における過去最高のヒット作となり、全世界で8億7000万ドル(約986億円)の興収を記録した17年の映画「ウルフ・オブ・ウォー2」(戦狼2)の監督兼主演俳優ウー・ジン(呉京)が、こちらでも主演して再びヒットを生み出している。

異例のヒットを受けて、「流浪地球」がさまざまな角度から注目されている。原作は2000年に雑誌「科幻世界」で発表された劉慈欣(リウ・ツーシン)氏による同名小説だが、当時の原稿料は120元(約2000円)だったことが明らかに。なお、この作品は高い評価を受けて同年、中国SF小説界の最高賞・銀河奨の特等に選ばれている。

13日、中国外交部の記者会見を担当した華春瑩報道官の発言も話題だ。ベルリン国際映画祭のコンペティション部門から、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の作品が取り下げられた話題について海外メディアの記者から質問が及んだ際、華報道官は「いま話題の映画は『流浪地球』であり、もしまだ鑑賞していないなら、ぜひ見るようにお薦めする」と語ったもの。ネット上では「華報道官のお墨付き作品だ」などと、発言への大きな反応も見られている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 七菜四***** | (2019/02/14 17:41)

    『妖星ゴラス』(1962年3月21日 東宝)の焼き直しのようなストーリー。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/14 12:28)

    >地球の終末が近づく中、地球ごと太陽系の外へ脱出するという画期的なテーマ 前にこの映画の記事を見たときは〈遇発的〉な事故によって、地球が太陽の軌道から外れて宇宙を漂流するものと思っていた。しかし地球の終末を逃れるため〈意図的〉に漂流させるとは思わなかった。それがどんな終末かは知らないが、地球が太陽系の外を漂流する以上の悲惨な終末はないはずである。太陽の光が地球に届かなくても、人類は生き続けることができるのだろうか。 中国報道官が絶賛しているなら、地球を救ったのは中国人で、日本人やアメリカ人は自分だけ助かろうとロケットで〈地球脱出〉して、隕石と衝突でもして滅びてしまったのであろう。 ちなみに地球を軌道から外すには数千発の水爆でも出力が足りない。だいたいそんなに爆発させたら環境が破壊されて、それこそ〈地球の終末〉である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/02/14 12:25)

    400年後太陽が爆発し、地球はその瞬間気化するので、地球にエンジン付けて地球こと脱出しようという設定! 途中いろんな試練が出てくる中、「太陽爆発説は科学者と政府の陰謀」の流れになって、反乱なりなんなりになって・・・最後のひにくい展開に注目!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事