韓国の人工太陽が初の「1億度」達成!夢の未来エネルギーへの期待高まる

配信日時:2019年2月14日(木) 13時30分
 韓国の人工太陽が初の「1億度」達成!夢の未来エネルギーへの期待高まる
画像ID  1067408
13日、韓国・中央日報は「韓国の人工太陽、1億度を初達成…世界核融合をリードする」との見出しで報じた。写真は人工太陽をイメージした中国の展示。
2019年2月13日、韓国・中央日報は「韓国の人工太陽、1億度を初達成…世界核融合をリードする」と題する記事を掲載。韓国の人工太陽「KSTAR」がセ氏1億度の超高温に達し、核融合発電に近づいたと伝えている。

記事によると、韓国国家核融合研究所のユ・ソクジェ所長は「プラズマの温度が1億度を超えると最も活発な核融合反応を起こすが、KSTARが今回の核融合反応を起こす主体のイオン温度を1億度以上にした。超伝導トカマク核融合装置では世界初」と説明した。今後は中性粒子ビーム入射加熱装置(NBI)を追加導入し、1億度以上の超高温プラズマを10秒以上安定して維持するという目標を立てているといい、「年末ごろまでに目標を達成すれば、誰も韓国の核融合技術に付いてこられないレベルに達するだろう。KSTARの最終目標は、1億度以上の超高温プラズマの300秒達成」とも話したという。

KSTARは、金泳三(キム・ヨンサム)政権当時の1995年に企画され、金大中(キム・デジュン)政権で工事がスタート、廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権の2007年に完工し、その後試運転を経て2009年から本格的な実験に入った。なお記事は「最大のライバルは2035年を目標に核融合発電所を建設する計画を持つ中国」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上には男性ユーザーからのコメントが多く、「すごい技術。一日も早く常用化しますように」「この不景気の時代に活力のあるニュースはいい。頑張っているエンジニアや研究員の皆さん、お疲れ様です。積極的に応援します」「国会議員の給料を減らしてこういう分野に税金をたくさん使って」「政府を問わず、持続可能、未来を先導する成長可能な政策を支援する姿はとてもいい」と支持するコメントが相次いで寄せられている。

一方で「中国に韓国の技術を奪われないようにしなきゃ」「科学者や研究人員を優遇して海外への流出を防ごう」といった声や、「研究室で成功したからって何の意味があるの?脱原発で人材が枯渇し、産業基盤が崩れてきてる。早く文在寅(ムン・ジェイン)大統領を追い出して研究を進めて」との声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2019/02/16 20:10)

    ・・・・という夢を見ましたw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/02/15 01:08)

    地底人が人口太陽造っててワロタW まるでドラキュラがニンニク食ってるような有様だなW 灰になるのは覚悟の上なんかな?それとも灰になってから気付くのかな?その後、得意のガムテープ張りで直すつもりかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/02/14 17:34)

    日本ではJT-60が、五億二千万度というプラズマ温度記録を持っていますよ。 核融合は温度だけでなく密度と閉じ込め時間が重要ですがどうなのでしょうね。 ちなみにJT-60は2007年10月に、外部から加えたエネルギーと核融合反応により発生したエネルギーが等しくなる「臨界プラズマ条件」である「発電炉内でプラズマ温度1億℃以上、密度100兆個/cm3とし、さらに1秒間以上閉じ込めること」に到達したとされています。(Wikipedia参照)
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事