日本と韓国は同盟国である米国を世界の安全保障上の主要な脅威と考えている―露メディア

配信日時:2019年2月14日(木) 8時0分
日本と韓国は米国を世界の安保上の主要な脅威と考えている―露メディア
画像ID  1067241
13日、中国メディアの環球網は、ロシア・トゥデイ(RT)が「米国の同盟国である日本と韓国はワシントンを世界の安全保障に対する主要な脅威とみなしている」とする記事を掲載したことを紹介した。資料写真。
2019年2月13日、中国メディアの環球網は、ロシア・トゥデイ(RT)が「米国の同盟国である日本と韓国はワシントンを世界の安全保障に対する主要な脅威とみなしている」とする記事を掲載したことを紹介した。

記事は、米調査会社ピュー・リサーチ・センターが10日発表した調査結果について取り上げ、「韓国人の67%が米国を安全保障に対する主要な脅威とみなしており、日本では66%が米国を脅威とみなしている。調査対象26カ国のうち、日本人と韓国人は、64%のメキシコを上回り、米国の力を最も恐れている」と報じた。

記事は韓国について、「対立する可能性がある米国と北朝鮮は韓国にとって等しく脅威になっている。米朝間で凍結している戦争が再び猛威を振るった場合、ソウルは脅威にさらされると伝えられている。同様に、北朝鮮に対する米国のあらゆる反応が、韓国に大きな影響を与えるだろう」とした。

日本については、ジャパンタイムズの報道を引用し、アジア問題に詳しいKirsti Govella氏が「日本人にとっての米国による脅威とはおそらく、この地域に対する最近の政策の不安定さから発している」「この政策の不安定さは、トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)から離脱したことを特徴としている」と語ったこと、米国の安全保障に詳しい小谷哲男氏が「軍事的な面では、トランプの『米国第一』の外交政策がアジアの同盟国に、安全保障上の必要性を米国に頼ることができるかどうかに疑念を抱かせている」「アジアの国々の多くが同じ不安を感じている。将来の米大統領が、ルールに基づく国際秩序に対してより多くの意欲と責任を示さない限り、損害は元に戻せないだろう」と語ったことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事