池江璃花子の白血病公表、中国メディアもこぞって報じる=ネットでは激励「病魔に打ち勝て!」

配信日時:2019年2月13日(水) 11時0分
池江璃花子に中国から激励「病魔に打ち勝て!」「あなたのために祈ります」
画像ID  1067191
競泳の池江璃花子が白血病を公表したことが、中国の各メディアでも大きく取り上げられている。
競泳の池江璃花子が白血病を公表したことが、中国の各メディアでも大きく取り上げられている。

池江は12日、自身のツイッターで「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」と報告。日本選手権出場を断念し、治療に専念する予定であるとした。

日本中が衝撃を受けたこの告白は、中国でも大々的に報じられた。スポーツメディアのみならず、一般メディアもこぞって取り上げていることから注目度の高さがうかがえる。

国営の新華網は、「日本水泳界の天才少女・池江璃花子が白血病を公表、試合への出場をしばらく見合わせへ」と題する記事で早期発見だったことなどを伝えた上で、「池江は18歳。日本女子水泳界のエースで、2020年東京五輪のメダル候補で、日本各界から期待を集めている。2018年のジャカルタ・アジア大会では異彩を放ち、金メダル6つと銀メダル2つを荒稼ぎ。大会記録も更新し、MVPに選出された」と紹介した。

中国新聞網は、「日本競泳女子選手が白血病の診断『信じられない』」との見出しで池江のツイートを紹介。「5つの日本記録保持者である」とし、やはりアジア大会での成績と、東京五輪での活躍が期待されていたことに触れた。海外網は、「日本の18歳、競泳女子のエースが白血病と診断、アジア大会で6つの金」と題する記事で池江の報告とこれまでの活躍を伝え、日本のネットユーザーから続々と励ましの声が上がっていることも紹介した。

この他、環球網は「日本女子競泳のエースが病気で試合出場ストップ、五輪のリレー予選厳しく」と題する記事で、日本水泳連盟の上野広治副会長が「池江抜きでのリレーは正直、厳しい」と語ったことを紹介。中国のスポーツメディア・新浪体育は、「池江の白血病はどのタイプ?どのように治療する?完治できる?」と題する記事で、日本の報道を参考に白血病について説明した。

アジア大会MVPで中国での知名度が上がった池江。中国のネットユーザーからは「若いのに残念」「うそでしょ?彼女は本当に強い印象」「アジア大会の時に見たけど本当に強かった」「早期回復を!」「あなたのために祈ります。早く試合に戻って、また中国選手と勝負してほしい」「気持ちを強く向き合い、病魔に打ち勝て!」「早く回復して、もう一度人類の限界にチャレンジしてほしい」といったコメントが寄せられている。(北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事