【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

KLabが中国・盛大遊戯と提携してスマホ向けゲームアプリを開発・運営

配信日時:2019年2月13日(水) 9時20分
KLabが盛大遊戯と提携してスマホ向けゲームアプリを開発・運営
画像ID  1067142
KLabは上海市に本社を置く盛大遊戯とスマートフォン向けゲームアプリ「ラピスリライツ~この世界のアイドルは魔法が使える~」(写真)の開発、運営を行う。日本商品ECの「豌豆公主」は日本への関心が高まる花見のシーズンを狙い、長期キャンペーンを実施する。
KLabは上海市の盛大遊戯と提携してスマホ向けゲームの開発と運営を行う。IT分野では、日中の企業が同等の立場で、あるいは日本企業が中国企業の利用を取得する目的での提携が増えている。日本商品特化型ECの「豌豆公主」は、4月までの長期キャンペーンを実施する。花見を迎えるシーズンには、中国で日本に対する関心が高まるという。

●KLab、中国・盛大遊戯とスマホ向けゲームを共同開発・運営
KLabは上海市に本社を置く盛大遊戯(シャンダゲームズ)と業務提携し、スマートフォン向けゲームアプリ「ラピスリライツ~この世界のアイドルは魔法が使える~」の共同開発、運営を行う。2019年2月12日付で発表した。

楽曲制作にはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントも参加。同ゲームは日本と中国大陸の両方で配信する予定。

●中国向け日本商品特化型ECの「豌豆公主」が、4月まで「日本関連書き込み」増えるキャンペーン
 日本商品特化型の中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」は2月12日から4月まで、春のキャンペーン「今春不再将就(この春は、ぜったい妥協しない)」を行う。2月から4月までは、日本が花見シーズンを迎えることもあり、中国ではオンラインにおける日本についての書き込みやサーチが増えるという。

キャンペーン第1弾として、2月12~14日のバレンタインデー期間に、「恋愛季(恋愛シーズン)と題して、抽選により化粧品による総額3000元(約4万9000円)相当の商品や、最大365元(約6000円)の還元クーポンをプレゼントする。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事