【募集中】中国語社内スタッフ

韓国造船、受注世界一の座を明け渡す=韓国ネット「気にする必要なし」「金額では韓国が1位」

配信日時:2019年2月13日(水) 10時30分
韓国、造船受注世界一の座を明け渡すもネットは余裕
画像ID  1067043
12日、韓国メディア・ニューシスは、韓国造船メーカーが受注実績世界一の座を中国に明け渡したと報じた。資料写真。
2019年2月12日、韓国メディア・ニューシスは、韓国造船メーカーが受注実績世界一の座を中国に明け渡したと報じた。

英調査会社クラークソンリサーチがまとめたデータによると、先月に世界で発注された船舶は214万CGT(標準貨物船換算トン数、78隻)だった。国別に見ると中国が1位(108万CGT、57隻)で、2位の韓国(58万CGT、12隻)の2倍に近い。3位は日本(20万CGT、4隻)、4位はイタリア(24万CGT、3隻)となっている。

記事は「バルク船を中心に中国が多くの受注を持っていった。先月は自国の発注が多かったことも影響し、中国が首位になった」との業界関係者の分析を伝えている。

これに対し、韓国のネットユーザーからは「受注数が問題なのではない」というツッコミが殺到している。「中国は確かに受注1位だが、自国発注を除けば4位だよ。気にする必要なし」「重要なのは受注量ではなく、どんな船を受注したかでは?」「受注額を見るべきだ。韓国は高収益の液化天然ガス(LNG)運搬船に集中している」「韓国の造船業界としては、低価格のバルク船はむしろ中国に引き受けてほしいと思っている。付加価値の高いLNG運搬船を納品するほうが、ずっと利益になるからだ」「もうからない船を造って何になる?。受注数の多さじゃなく、稼ぐことが重要なんだよ。LNG運搬船なら韓国が世界1位だ」などのコメントが並んでいる。(翻訳・編集/麻江)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2019/02/13 12:11)

    1ヶ月間だけの受注結果だけでで勝った負けたって?どんな船を選択受注したか?ってそんな選択の自由は造船所側には無いんですよ。工場を回すだけの資金を得るだけでもなんでも良いから安値受注しなければならない。結果、現代重工もサムソン重工も造船部門は大幅赤字増で工場を回す資金すら得られず、数百人から数千人規模のリストラが行われている。商売の規模に見合った利益が出せるかが1番大事なことは大企業でなくても八百屋のおじさんでも知っている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 月見***** | (2019/02/13 11:46)

    受注数云々以前に、国から補助金を受けながら格安で受注していることを問題にしている人はいないのかな。 WTOへの提訴を準備されているのにお気楽だね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/02/13 11:08)

    つかの間の春を喜んでいた韓国人たちでした。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事