中国1月の外貨準備高152億ドル増

配信日時:2019年2月12日(火) 14時10分
画像ID 
中国国家外貨管理局が発表した最新の外貨準備高データによると、2019年1月末時点で、中国の外貨準備高は3兆879億ドル(1ドルは約110.4円)に上り、18年12月末に比べて152億ドル増加し、増加幅は0.5%だった。

同局の報道官を務めるチーフエコノミストの王春英氏は、「2019年1月には、中国外貨市場の需給は基本的にバランスが取れ、国境を越えた資金の流動が全体として安定していた。グローバル金融市場では、主要非米ドル通貨が米ドルに対して値上がりし、金融資産の価格が上昇した。レート換算、資産価格の変化といった評価要因の影響により、中国の外貨準備高は小幅に増加した」と説明した。

また王氏は、「未来を展望すると、グローバル経済・金融環境は複雑で厳しいが、中国経済は長期的に好転する発展状況が続き、全方位的な対外開放が引き続き推進され、外貨市場の運営メカニズムがますます整い、国境を越えた資金の流動の全体的安定と外貨市場の需給の基本的バランスを維持できる条件が備わっている。国内外の要因が総合的に作用しあい、中国の外貨準備高は変動する中でも全体としては安定を維持するとみられる」と述べた。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<