【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

国際派女優チャン・ツィイーが「安っぽくなった」、バラエティータレント化への批判に自ら反論―中国

配信日時:2019年2月12日(火) 19時10分
チャン・ツィイーが「安っぽく」?バラエティータレント化への批判に自ら反論
画像ID  1066899
11日、バラエティー番組に夫婦で出演が決まった女優チャン・ツィイーが、「安っぽくなった」との世間の批判に対し、中国版ツイッターを通じて今の思いを伝えている。写真はチャン・ツィイー。
2019年2月11日、バラエティー番組に夫婦で出演が決まった女優チャン・ツィイー(章子怡)が、「安っぽくなった」との世間の批判に対し、中国版ツイッターを通じて今の思いを伝えている。

その他の写真

中国が生んだハリウッドスターとして、これまで華々しい活躍を見せてきたチャン・ツィイーだが、2015年にミュージシャンのワン・フォン(汪峰)と結婚、さらに出産してからは女優活動をセーブ。海外での映画出演も少なくなっている。

そんな中、このほど人気バラエティー番組「妻子的浪漫旅行」に夫婦で出演することが明らかになったことで、映画から離れてますますバラエティータレント化してゆく最近のチャン・ツィイーに対し、世間からは「安っぽくなった」と批判の声が。長年応援してきたファンからも、「今の活動は支持できない」「興味が薄れた」と脱ファン宣言が相次いでいる。

そんな世間の声に対して11日、チャン・ツィイーが中国版ツイッターにメッセージを投稿。「妻となり母となって自分の肩書きが増え、そのことに大きな好奇心を抱いている」と、ここ数年で急激に変わった自身の生活を語り、「20年前、初めてカメラの前に立った時の思いと変わらない」として、バラエティー番組も映画と同じく、新しいチャレンジであることを示した。

このメッセージでチャン・ツィイーは、映画「グリーン・デスティニー」の玉嬌龍、「SAYURI」のさゆりなど、これまで演じた代表的な役名を挙げ、「これらとは違う本当の自分を見てもらえると思う」と、役柄のフィルターを通さない今の自分を記録することが、とても貴重な経験になるという思いを強調している。(Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事