【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

小都市の消費が春節連休中に大幅増加

配信日時:2019年2月12日(火) 11時40分
画像ID 
京東商城(JD.com)が10日に発表した「春節期間電子商取引消費データ」によると、今年の春節(旧正月、今年は2月5日)連休中、中国の電子商取引消費には、「消費群体の若年化」、「帰省グループが低線レベルの小都市における消費増をけん引」といった傾向が見られた。京東のビッグデータによると、2月3日から8日までの売上は、前年同期比42.74%増加した。売上トップ5に入ったジャンルは、モバイル・通信、PC・事務、家電製品、アパレル・バッグ・シューズ、家具・インテリア用品だった。北京日報が伝えた。

調理器具、住まい、地元での生活と観光消費においては、高級ブランド品の購入や消費のアップグレードといった傾向が顕著に見られた。昨年同期と比べ、客購入単価の上昇幅が最も大きかったのは、調理器具、地元での生活/観光外出、贈答品、家具・インテリア用品、アパレル・シューズ・バッグだった。

地域別にみると、低線レベルの小都市の消費が大幅に伸びた。このうち、四線都市と六線都市の消費の伸びが最もスピーディで、春節連休中の売上は前年同期比60%以上となった。この背景には、都市で働く若者が故郷に帰省して年を越したことで、故郷の消費が大きくけん引されたという事情がある。また、電子商取引ルートでの消費が、さびれゆく村と全く無関係という訳でもない。このうち、遼寧、北京、天津、黒竜江および上海の住民は、食品・飲料の購入を好み、広東、広西、甘粛、江西、安徽の人々は、モバイル・通信関連製品の購入に偏る傾向が見られた。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<