「正月初日は家で」が多く80年代と90年代生まれでは6割以上 中国

配信日時:2019年2月12日(火) 0時20分
画像ID 
中国の春節(旧正月、今年は2月5日)連休期間はおつきあい、スポーツ、充電のためのよい機会だと考える人は多い。SNSの微信(WeChat)は10日、2019年春節データ報告を発表した。

同データによると、大晦日にあたる4日から9日までの間に、スポーツアプリ・微信運動を利用するユーザーは合計9億6300万歩歩き、前年同期比50%増加した。1歩あたり平均50センチメートルとして計算すると、全体で地球を1周したことになり、1万歩以上歩いた人は1億3千万人いた。正月初日の国民の運動量は二極化している。1万歩以上歩いた人は最多となった一方で、100歩も歩かなかったという人も一番多く、このうち80後(1980年代生まれ)と90後(1990年代生まれ)が60.7%を占め、国慶節(建国記念日、10月1日)の連休の56%を上回った。「100歩も歩かない組」は春節には国慶節より徹底して家から出なかったことになる。

微信で読書やミニゲームをして休みの時間を過ごす人が多かった。同期間の微信読書のユーザーの読書時間は1510万時間になり、このうち90後が最も長かった。国産SF映画「流浪宇宙」(さまよえる地球)が人気になって原作を読みたいという人が多く、同データでは春節に最も人気を集めた書籍は「流浪地球」だった。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<