【募集中】韓国語社内スタッフ

奈良県でシカによるけが人が急増 過去最多

配信日時:2019年2月11日(月) 20時20分
画像ID 
奈良公園の野生のシカに突き飛ばされるなどしてけがをする人が増加しており、2018年4月から今年1月までの間に、その数は209人に上り、過去最多となっているという。中国新聞網が海外メディアの報道を引用して報じた。

シカは神の使い「神鹿(しんろく)」としてあがめられ、 国の天然記念物にも指定されているほか、とてもかわいいため、観光客にも大人気だ。しかし、奈良のシカは気性が荒くなることもあり、観光客を突き飛ばすケースなどが相次いでいる。

18年4月から今年1月までの間に、シカに噛まれたり、突き飛ばされたりした人の数は209人に上り、既に昨年度の186人を超えた。骨折などの大けがをした人は8人で、うち5人は外国人観光客だったという。

奈良県当局によると、昨年度までの8年間で合わせて10人が野生のシカに突き飛ばされて骨折したことを見ても、今年度の被害状況は極めて深刻だとしている。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<