【募集中】韓国語社内スタッフ

中国海軍が多国間合同軍事演習に参加

配信日時:2019年2月11日(月) 22時50分
画像ID 
ドック型輸送揚陸艦「崑崙山」と総合補給艦「駱馬湖」からなる998艦隊が現地時間7日午前、パキスタンのカラチ港に到着した。多国間海上合同軍事演習「平和-19」に参加する。解放軍報が伝えた。

パキスタン海軍がカラチ港で盛大な歓迎式典を催し、中国の王愚駐カラチ総領事、中国公館職員、中国系機関、現地在住の華人・華僑代表らが埠頭で出迎えた。

多国間海上合同軍事演習「平和-19」は2月8日から12日までカラチとその周辺海域で実施。パキスタン海軍が呼びかけたもので、海上の安全保障上の脅威への対処能力を共に高めるため、参加各国の海上交流・協力を促進する狙いがある。中国、米国、英国、イタリア、オーストラリア、マレーシア、スリランカ、トルコ、オマーンなどが艦艇、航空機、特殊部隊を派遣し、ブラジルなど45カ国がオブザーバーを派遣。港・岸段階と海上段階に分けて実施し、港・岸段階は国際海事シンポジウム、対テロ・海賊対処実演、軽火器射撃訓練、防衛作戦訓練などが中心で、軍事研究交流や文化・スポーツ交流も行なう。海上段階は主砲の対海実弾射撃演習、対テロ・海賊対処演習、国際観艦式などを行う。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<