収監中の朴槿恵前大統領、旧正月をどう過ごし何を食べたのか―中国メディア

配信日時:2019年2月12日(火) 1時0分
収監中の朴槿恵前大統領、旧正月をどう過ごし何を食べたのか
画像ID  1066748
11日、中国メディアの海外網は、現在ソウル拘置所に収監されている韓国の朴槿恵前大統領が旧正月をどのように過ごしたのかについて報じた。資料写真。
2019年2月11日、中国メディアの海外網は、現在ソウル拘置所に収監されている韓国朴槿恵(パク・クネ)前大統領が旧正月をどのように過ごしたのかについて報じた。

記事は「朴氏は先ごろ、拘置所で2回目の旧正月を迎えた。だがこのめでたい祝日を楽しく過ごしたというわけではないようだ」とした。

記事はその理由について、「一つは、韓国最高裁が旧暦1月3日にあたる7日、朴被告の勾留期間を再び延長すると発表したこと。もう一つは、韓国人が年越しに必ず行う祭祀活動に、拘置所は朴氏を参加させなかったことだ」とした。

記事は「韓国メディアのイーデイリーがソウル拘置所から提供されたメニューとして伝えたところによると、朴氏の旧正月元日朝の食事には、お雑煮、タマネギとキュウリの和え物、ジャガイモ、白菜キムチに加えて、特別メニューとして蒸しギョーザと牛乳が提供された。各地の拘置所では収監者のために合同の祭祀活動が開かれる。だがソウル拘置所は、朴氏と梁承泰(ヤン・スンテ)前最高裁長官の参加を禁止している。両氏が接触することを防ぐためだ。朴氏が面会を拒否しているため、弟の朴志晩(パク・チマン)氏と妹の朴槿令(パク・クルリョン)氏も旧正月期間に拘置所に面会に行っていない。韓国日報によると、朴氏は拘置所の規定により弁護人との接見もできず、旧正月期間は一人部屋でテレビを見たり読書をしたりするなどして時間をつぶした」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/02/12 08:07)

    朴槿恵元大統領は刑務所の中でも〈村八分〉にされているようだ。村八分とは村社会の絶縁状態のことで『冠婚葬祭』のうち8割の行事から締め出されることを言う。それでも『葬儀』のときだけは仲間外れにされないため、獄死すれば他の囚人と同じ扱いになるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事