【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

河野外相「日韓関係が厳しい状況にある中、日韓往来1000万人突破うれしい」―韓国メディア

配信日時:2019年2月10日(日) 10時50分
河野外相「日韓関係が厳しい中、日韓往来1000万人突破うれしい」
画像ID  1066509
9日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、日本の河野太郎外相が8日の記者会見で、日韓関係が厳しい状況にある中、昨年の日韓両国の年間往来者数が1000万人を突破したことに「歓迎」を表明したと報じた。写真は成田空港。
2019年2月9日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、日本の河野太郎外相が8日の記者会見で、日韓関係が厳しい状況にある中、昨年の日韓両国の年間往来者数が1000万人を突破したことに「歓迎」を表明したと報じた。

記事は、河野外相が「日韓関係が厳しい状況にあるにもかかわらず、多くの人が両国を訪問してくれたことは大変うれしい」「両国の相互理解のために人的交流は極めて重要だ。今後ともしっかり続けてほしい」などと述べたことを紹介した。

記事はまた、在韓日本大使館関係者の話として、「昨年の日韓両国の年間往来者数は1048万9000人だったが、うち71.9%に相当する753万9000人が日本を訪れた韓国人で不均衡が深刻だ」とも伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/02/12 12:54)

    故渡辺昇一上智大教授は、A国とB国のどちらが良い国であるかは、見た目からは騙されることもあるが、人の行き来をみることで正しく知ることができるとし、教授はこれを”足の民主主義”と呼んだ。すなわち良い国からは人は逃げ出さないのに対し、悪い国からは人は逃げ出すというのである。教授の理論をここに適用すると、韓国から日本への来る人の数がその逆より遥かに上回っていることは、日本の方が遥かに良い国であるということになる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/10 17:45)

    この人達は国と国の思惑等関係無く純粋に日本の事が好きで旅行に来るのだろう、実際に韓国人に人気の海外旅行先は一位が日本の大阪で、二位が北海道だと聞いている、中国や南北朝鮮自体は超最低最悪だがこの人達には関係無い事ではある、また素直に感謝の言葉を述べる河野外相も大人だと思う、しかし逆に日本人があちらへ行くと最悪である、先ず日本人と見れば料金を吹っ掛けるタクシーだらけだし、お店も日本人専用のぼったくり料金表を用意している所が多い、警察も被害者が日本人だと真面目に捜査しなかったりする、そこへ行くと日本は韓国人に限らず外国の若い女性が一人旅をしているのを良く見掛ける、外国の若い女性が一人で出歩ける国は日本位しかない、治安が良く、鉄道は時刻に正確に走り、ぼったくりタクシーもいない、我々は日本に産まれた事を感謝して外国人を迎えるべきだと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/10 12:27)

    >うち71.9%に相当する753万9000人が日本を訪れた韓国人で不均衡が深刻だ そのうちどれだけ日本への〈不法滞在者〉がいるのだろう。それを考えたらもっと深刻な気持ちになる。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事