フィリピンの「慰安婦像」、設置・撤去のいたちごっこ続く、3回目の今度は?

配信日時:2019年2月8日(金) 21時30分
フィリピンの「慰安婦像」、設置・撤去のいたちごっこ続く、今度は?
画像ID  1065902
フィリピン中部・パナイ島で旧日本軍の慰安婦像の除幕式が行われた。比国内ではマニラ市内やマニラ南部のサンペドロ市にも像が設置されたが、日本政府が「遺憾」を表明し撤去された。今回はどうなるか。写真はマニラ。
フィリピン中部・パナイ島で5日、日本軍占領下の慰安婦ら2人の女性をモデルにした像の除幕式が行われた。比国内ではマニラ市内の遊歩道やマニラ南部のサンペドロ市にも慰安婦を象徴する像が設置されたが、いずれも日本政府が「遺憾」を表明し撤去された。今回はどうなるか。

外務省によると、1995年7月に設立された「アジア女性基金」の救済対象となった比国内の元慰安婦は211人。「償い」事業は順調に進められたが、なお日本に謝罪や補償を求める声がくすぶっている。

フィリピンで初めての慰安婦像は2017年12月、マニラ湾に面した大通り沿いの遊歩道の一角に設置された。台座を含めた高さは約3メートルで、目隠しをされた民族衣装の女性が湾側からマニラ市内側に向いて立つデザインとなっていた。日本大使館からは北に約3キロの場所だった。

像は中華系の「トゥライ財団」や元慰安婦と支援者の団体「リラ・ピリピーナ」などの協力を得て建てられたが、翌年4月下旬、地元自治体が撤去した。撤去についてドゥテルテ比大統領は「他国の反感を買うのは、われわれの政策ではない。日本はフィリピン人(女性たち)に謝罪した。補償という意味では、(謝罪以上の)多くのことをしてきた」と語った。

2番目の慰安婦像は昨年12月28日、サンペドロ市内の「女性の家」に設置された。ソウルの日本大使館前の少女像と同じ作品で、韓国・ハンギョレ新聞によると、同市は忠清北道提川市と姉妹都市関係にあり、提川市民が協力した。

これに対し、日本側は「非常に遺憾で日本政府の立場とも相いれない」と表明。少女像は2日後に撤去となった。比大統領府報道官は「地方自治体が政府の政策に従ったようだ」と説明。サンペドロ市長は「平和と女性の人権伸張を祈って、韓国とフィリピンの国民の友情を表現するためだったが、韓国人が少女(像)のそばにフィリピン女性の像を置かなかったために本来の概念が曲解された」と撤去の理由を明らかにした。

日本メディアによると、新たに慰安婦像が置かれたのはリゾート地として知られるボラカイ島への玄関口となるパナイ島北部カティクランの桟橋近く。マルコス政権下で妹が比国軍兵士にレイプされたという男性が彫刻家に依頼し、私費や寄付の計70万ペソ(約145万円)をかけ完成させた。

除幕式には中国、台湾、韓国、北朝鮮、日本からも約20人が参加。設置場所は男性が所有する駐車場で、男性は「これならば撤去圧力をかけられないはず」と強調したという。(編集/日向)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事