【募集中】韓国語社内スタッフ

中国高速鉄道が驚異の安定性を誇るのは彼らのおかげ―中国メディア

配信日時:2019年2月8日(金) 7時20分
中国高速鉄道が驚異の安定性を誇るのは彼らのおかげ―中国メディア
画像ID  1065789
6日、中国新聞社は、「コップの水がこぼれず、立てたコインが倒れない」といわれる中国高速鉄道の安定性を、極限の環境の中で日夜守っている鉄道保守作業員たちの生活を紹介した。
2019年2月6日、中国新聞社は、「コップの水がこぼれず、立てたコインが倒れない」といわれる中国高速鉄道の安定性を、極限の環境の中で日夜守っている鉄道保守作業員たちの生活を紹介した。

その他の写真

中国鉄道蘭州局集団武威工務段の軍馬場高速鉄道線路工区では、蘭州―新疆高速鉄道の140キロメートル区間と区間内にある7つのトンネルの保守任務を10人あまりの作業員が担当している。中でも大梁トンネルは海抜3608メートルと、世界で最も高い海抜にあるトンネルだ。

記事によると、春節の大晦日の夜、数多の乗客が高速鉄道に乗って故郷に戻るこの時期、同工区では最も過酷で忙しい時期を迎える。午後6時に夕食を終えた作業員は宿舎で、同10時半以降の作業開始時間まで待機する。同9時半、作業員たちは始業前のミーティングを行い、作業の計画や内容についてチェックする。

そして同11時になると、作業員たちは軌道検査車に乗り込み、出発指令を待つ。指令が出るまでまだ1時間あまりある中、分厚い綿のジャンパーを着て車内で待っている。車外は「骨を刺す」ような極限の寒さだという。トンネル内の最低気温はマイナス39度にもなり、年間の平均気温もマイナス5度。夏でもコートを着てトンネルに入る必要があるとのこと。加えて、酸素の量が海面の77%しかなく、作業員たちは極度の寒さと酸素不足と戦わなければならないという。

31歳の馮志福(フォン・ジーフー)さんは2014年9月にこの鉄道がテスト段階に入った際に配属され、今回が現地で迎える5回目の春節となる。この5年、故郷に戻って新年を迎えることなく、大晦日の夜に徹夜でトンネルの保守作業をしているそうだ。

検査車の外では、作業員がレール測定器を使ってレールの水平度を確かめている。精密機械の操作ゆえに、身を切るような寒さでも手袋は使えない。また、低温でバッテリーが作業しなくなることもあり、そんなときは懐で温めたり、発電機の排気ダクトに当てたりして温度を上げて、何とか6時間の作業を続けるという。

46歳になる作業員の楊海明(よう・かいめい)さんは「われわれは常に高速鉄道ではコップの水がこぼれない、立てたコインが倒れないと自慢しているが、それにはわれわれの精密な測定や調整によってレールを規格にピッタリ合わせ、通過する列車のリスクを排除することが必要だ」と語る。記事は「鉄道の設備は日に日に発展し進歩しているが、唯一変わらないのは、命を懸けて鉄道の補修に取り組むことなのだ」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/09 18:32)

    所詮は日本の新幹線のパクり品、乗り心地がよいのは表向き時速350キロと寝言を言ってるが実際は260キロ位がマックスで、大抵は出しても250キロ以下、区間によっては150キロから160キロと日本なら在来線や私鉄でも出しているレベル、重大な責任事故が毎週の様に起きる欠陥品、あの脱線転覆生き埋め事故は外国のメディアが嗅ぎ付けたから大ごとになっただけで中国では日常茶飯事、第一本当に350キロも出していたらギネスブックに公認されている、日本の新幹線は本当に320キロ出しているし、開業以来54年間重大な責任事故を起こしていない、時間も秒単位で正確に管理されている、あと中国の高速鉄道は万年大赤字であるが日本の新幹線は北海道以外全て莫大な利益を生んでいる、こんな物を自慢げに語るのは夜郎自大の極み、笑止千万である
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/02/08 13:17)

    中国高速鉄道はいま物凄い勢いで路線延長が伸びているが、保守する人手はきちんと確保・育成できているのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/02/08 09:56)

    当たり前のことをさも凄い事のように言うってどうなん? むしろ在来線より厳しくしないと安全の維持は出来んのだが? 高地での作業はそりゃ大変でしょう、 でもね、湿度90%の青函トンネルの保線に比べたら本気で大したことないよね 54キロのトンネルでしかも82キロに及ぶ三線軌 挙句に海底下のために塩分を含んだ湧水による腐食を防ぐための防錆 しかも遅くまで運行する新幹線と未明に運行される貨物列車を避ける為の作業時間の短さ そんな中で高速線と在来線を同時に保線をこなさなければならい難度は 酸素が薄くて寒い程度如何って事無いよ >酸素の量が海面の77%しかなく、 でも高地で作業してる人ならこの程度慣れるよね それにマラソンランナーの高地トレーニングって2000mから3000mくらいでやるでしょ
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事