春節の花火と爆竹、全国116都市で重度以上の大気汚染―中国

配信日時:2019年2月6日(水) 20時50分
春節の花火と爆竹、全国116都市で重度以上の大気汚染―中国
画像ID  1065529
中国生態環境部は5日、旧暦大みそかから旧正月にかけての大気の質について、「全体としては良好だったが、花火や爆竹の影響による重度以上の汚染が116都市で確認された」と報告した。
中国生態環境部は5日、旧暦大みそか(4日)から旧正月(5日)にかけての大気の質について、「全体としては良好だったが、花火や爆竹の影響による重度以上の汚染が116都市で確認された」と報告した。

観測データによると、4日午後5時から5日午前2時にかけて、花火や爆竹の集中的な使用により338都市でPM2.5の平均濃度の急上昇が発生。5日午前2時には116都市で1立方メートル当たり150マイクログラムを超えたことが確認された。

関係者は、「今年は各地で花火、爆竹の使用制限が強化されたことを受け、大気の質は昨年同期より改善した」とも指摘している。(野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事