【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

メルケル独首相がファーウェイ5G参入に突き付けた前提条件―米華字メディア

配信日時:2019年2月6日(水) 13時50分
独首相がファーウェイ5G参入に突き付けた前提条件―米華字メディア
画像ID  1064980
5日、米華字メディアの多維新聞は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が次世代通信規格5G市場に参入することに対し、立場を表明する国が相次ぐ中、ドイツのメルケル首相が見解を示したと報じた。写真はファーウェイの広告。
2019年2月5日、米華字メディアの多維新聞は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が次世代通信規格5G市場に参入することに対し、立場を表明する国が相次ぐ中、ドイツのメルケル首相が見解を示したと報じた。

記事はロイター通信の5日付報道を引用。訪日中のメルケル首相が慶應義塾大学で学生と議論した際、ファーウェイについて、中国政府にデータを引き渡さないとの保証が得られない限り、ドイツの5G通信網構築には参加させないと述べたことを紹介した。

メルケル首相は、「セキュリティー上の懸念があり(ファーウェイが)国にデータを引き渡さないようにするため、中国政府と協議することが重要だ」と発言したという。

記事は、「米政府は、このIT界の巨人が中国政府と緊密すぎる関係にあることを懸念し、同盟国の通信事業者にファーウェイ製品を排除するよう説得を試みている」とした上で、「ドイツ政府は、安全保障上の理由で他国に追随してファーウェイの製品を排除するかどうか結論を出していない」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事