Record China

ヘッドライン:

米国で日本人経営の店に「サルは日本に帰れ」=中国ネット「アジア系は団結すべき」「それでも日本人は…」

配信日時:2020年6月19日(金) 11時20分
拡大
米ロサンゼルスで日本人が経営する店に「店を爆破する」などと記された紙が貼られた事件が中国でも報じられ、話題になっている。写真はロサンゼルス。

米ロサンゼルスで日本人が経営する店に「店を爆破する」などと記された紙が貼られた事件が中国でも報じられ、話題になっている。

報道によると、騒動があったのは現地時間15日。貼り付けられた紙には「ここは米国だ。お前たちの売るものはいらない」「日本に帰れ、サルめ!」「言うことを聞かないと爆破するぞ」などと書かれていた。経営者の男性は発見後、すぐに警察に通報、警察は「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」の疑いで捜査を進めているという。

米国では白人警官に押さえつけられた黒人男性のジョージ・フロイドさんが死亡した事件をきっかけに人種差別に抗議する声が高まる一方で、アジア系への差別も多数起きている。

今回の日本人をターゲットにした事件について、中国では環球網など複数のメディアが伝えている。ネットユーザーからは「考え方の狭い民族主義だ」「米国は差別大国」「米国人は非情だ。黒人を押さえつけようとするだけでなく、今度は日本人追い出し。すべての国の怒りを買うまで終わらないのか」「やはりアジア人は差別の連鎖の中で底辺にいると感じる。以前、黒人がアジア系を差別する報道を見た」「アジア系は団結すべきだ」といったコメントが寄せられた。

このほか、「(黒人差別に反対するデモを行った)日韓はアジア系差別に反対するデモはするのか?」との指摘や、「それでも日本人の大半は米国好き」「米国は日本にとって『父親』だから何も言えないだろう」「日本のネット民はまた中国人がやったと言い出しそうだ」といった声も見られた。

なお、日本のネット上では貼られた紙の文面から英語がネイティブの人物が書いたものではない可能性があるとの指摘も出ている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング