中国版紅白「春晩」はどうして世界で最高の視聴率を獲得できるのか―香港紙

配信日時:2019年2月4日(月) 16時20分
中国版紅白「春晩」はどうして世界で最高の視聴率を獲得できるのか―香港紙
画像ID  1064833
3日、参考消息は、春節の前夜に放送されることから日本では「中国版紅白」とも呼ばれる、中国中央テレビ(CCTV)の特別演芸番組「春節聯歓晩会」が世界最高の視聴率を誇る理由について説明する香港メディアの報道を伝えた。
2019年2月3日、参考消息は、春節の前夜に放送されることから日本では「中国版紅白」とも呼ばれる、中国中央テレビ(CCTV)の特別演芸番組「春節聯歓晩会」が世界最高の視聴率を誇る理由について説明する香港メディアの報道を伝えた。

記事は、1983年に放送が始まって以来、春節の大みそかの夜である「除夕」に放送される「春晩」は中国や世界に散らばる中国人家庭にとって欠かせない番組になっているとしたうえで、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの1日付放送を紹介した。

同紙は、昨年の「春晩」は世界全体で10億人が視聴し、世界で最も視聴者の多い番組だったとしたうえで、4日に放送される今年の「春晩」にも注目が集まっていると伝えた。そして、「春晩」を楽しみにしている香港、シンガポール出身の中国系住民の話を取り上げている。

2001~16年に上海に住んでいたという、香港の50歳のインテリアデザイナーは「香港に比べて中国本土は春節の休みが長い。香港の休みが終わって上海に戻ると、他の人がまだ戻ってこないので何もできない。そこで、友人とともに『春晩』の再放送を見て過ごしていた」と語った。

シンガポール、昆明、北京の3都市を行き来しているというシンガポール国籍の女性ライターは「『春晩』は改革開放が始まってほどなくしてできた伝統。一家全員が卓を囲んで食事をする時にテレビ局が放送する唯一の番組が『春晩』。海外の中国系住民もこの番組の重要な視聴者で、この時期にCCTVにチャンネルを合わせるのが伝統になっている」と話した。

また「以前は春節時には何の娯楽もなかった。今は、『春晩』を流しながら両親は友人とマージャンやトランプに興じ、私は親戚や近所の人とおしゃべりをする。1年に1度しか会えないからいいチャンスなのだ」とし、「春晩」は「ながら見」ではありながらも「私たちにとっては一番大事なテレビ番組だ」との考えを示している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事