【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本に完勝してアジア杯制したカタール、ただの「帰化選手集団」だと思ったら間違いだ!―中国メディア

配信日時:2019年2月2日(土) 15時20分
アジア杯制したカタール、ただの「帰化選手集団」ではない!―中国
画像ID  1064498
2日、銭江晩報は、サッカー・アジアカップで日本に完勝して大会初優勝を果たしたカタールについて「われわれが得るのはインスピレーションか、それともやるせなさか」とする評論記事を掲載した。写真は、日本戦でバイシクルシュートを決めたカタールのFWアリ。
2019年2月2日、銭江晩報は、サッカー・アジアカップで日本に完勝して大会初優勝を果たしたカタールについて「われわれが得るのはインスピレーションか、それともやるせなさか」とする評論記事を掲載した。以下はその概要。

カタールサッカーのモデルは一見、単なる「帰化選手の集まりにすぎない」のように思われる。しかし、帰化選手がもっと多かったフィリピンは早々に敗退している。実は、短期間で急速に台頭した感のあるカタールにも、紆余(うよ)曲折は少なからずあったのだ。

2003年、カタールのサッカー協会は、自国のレベルアップを図るべく「スター計画」を打ち出した。各クラブに1000万米ドルの資金を与え、欧米のスター選手を1人ずつ呼び込むというものだったが、自国代表の成績アップにはつながらなかった。そこで協会は06年にユース育成に方針転換する。その柱になったのが、2004年創設のアスパイア・アカデミーだ。

潤沢な資金を持つカタールにとっては充実したユース育成基地を作るのは決して難しいことではなかった。同アカデミーは7面の屋外サッカー場、リハビリセンター、医学実験室、屋内練習場、プール、化学実験室、フィットネスルーム、理学療法室などの設備をそろえたほか、世界各地から人材を集めた。今大会で一躍注目を集めたスーダン出身のFWアルモエズ・アリもその1人だ。

中国スーパーリーグの北京国安が2選手の帰化を発表し、中国サッカーも帰化選手化の道を進み始めたようだが、カタールの帰化選手計画はずっと理性的かつ合理的だ。カメルーン、ガーナ、ケニア、モロッコ、ナイジェリア、セネガル、南アフリカのアフリカ7か国のサッカー少年にトレーニングと選抜を施し、数十人の優秀な選手をカタールに送り込んで帰化してもらうのだ。今では提携しているアフリカ諸国の数は9に増えている。

同アカデミーができて15年、今回のアジアカップでついに大きな成果を上げた。もちろんカタールにとっては最初のステップにすぎず、彼らのまなざしはすでに2022年の自国開催のワールドカップに向いているのである。18年前、中国はカタールを破って初のワールドカップ出場を決めた。2年前のワールドカップアジア3次予選で中国が得た勝ち点11のうち6はカタールから奪ったものだった。しかし、現状の中国とカタールとの差は誰の目に見ても明らかだ。

「カタールモデル」は長い間議論の対象となることだろう。われわれがすべきことは、参考になるポイントをくみ取ること。そして、ユースへの重視、目標へのゆるぎない意志、そして自国の状況に対するクリアな認識だ。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事