藤田観光が「インバウンド誘客目的」に広州に中国第2の拠点を開設、その他

配信日時:2019年2月2日(土) 10時20分
藤田観光がインバウンド誘客目的に広州に中国第2の拠点開設、その他
画像ID  1064468
藤田観光はインバウンド誘客を目的に、広州市(写真)に拠点を開設する。科研製薬は爪白癬治療剤の中国におけるライセンス契約を締結。大和財託は中国人向け不動産投資サービスを開始。また、インバウンド対策に役立つ「中国女子図鑑」が1日に同時リリースされた。
藤田観光はインバウンド誘客を目的に、広東省広州市に中国2カ所目の拠点を開設する。科研製薬は、爪白癬治療剤「クレナフィン」の中国におけるライセンス契約締結した。大和財託は中国人顧客向け関西圏の不動産投資サービスを開始。また、インバウンド対策にタイムリーに活用できる「中国女子図鑑」の1~3号が1日に同時リリースされた。

●藤田観光、中国からのインバウンド誘客を目的に、上海に次ぎ広州にも拠点開設
藤田観光は、中国からのインバウンド誘客の拠点を広東省広州市に設ける。2012年に上海に開設した藤田(上海)商務諮詢に次ぐ、中国2カ所目の拠点。同社が2019年2月1日付で発表した。開設は4月1日の予定。

●科研製薬、爪白癬治療剤の中国でのライセンス契約を天津市の米国合弁企業と締結
科研製薬は1日、TIPR-HUYA Advancing Innovative Medicines(本社・天津市、AIM)とこのたび、爪白癬治療剤「クレナフィン」の中国における独占的ライセンス実施許諾および供給契約を締結したと発表した。AIMは天津薬物研究院と米国の HUYA Bioscience International(HUYA)の合弁会社。

契約締結により、科研製薬は AIM に中国における本剤の独占的な開発および販売の権利を供与した。科研製薬は権利供与の対価として、AIM から契約一時金、マイルストンおよび販売額に応じたロイヤリティを受領する。

●中国人顧客向け関西圏の不動産投資サービスを開始、背景に問い合わせ増など―大和財託
大和財託(本社・大阪市)は1日、中国人顧客を対象とする関西圏の1棟新築・中古のアパート・マンションを専門とする不動産投資サービスを2月に開始すると発表した。

同社は収益不動産を活用した資産運用プラットフォーム事業を手掛けてきた。日本在住の中国人顧客に対する物件販売・賃貸管理の実績も積み重ねてきたが、顧客からの問合わせ数増加といった状況があり、中国語対応および公式サイト開設等体制を整備し、不動産投資コンサルティングから関西圏の1棟収益不動産の販売と賃貸管理までのワンストップサービスとして提供する。まずは原則として、日本在住の中国人を顧客対象とする。

●「中国女子図鑑」を毎月リリース、インバウンドに直接関係する流行の急速変化を知る
「中国女子図鑑」(1号~3号)が1日に同時リリースされた。消費が旺盛な訪日中国人女性の7割以上を占める20代・30代の「ライフスタイル」に注目し、急速に変化する流行や嗜好の「データランキング」を、毎月4つのカテゴリー(コスメ、買い物、旅行、アプリ)で発表、さらに多種多様なジャンルから、彼女たちが夢中となっているものを「話題ランキング」として毎月2本紹介する。

内容は、「コスメ部門」で中国人女子にとって自らの魅力を引き出たもの欠かせないメーク術である「アイシャドウ」について、「買い物部門」では中国で盛んになりつつある「ペットビジネス(ペット医療、ペットのためのSPAなど)」など。

有料ダウンロードによる販売。企画協力をするUSPジャパンによると、「中国女子図鑑」の内容を知ることで中国人女性のライフスタイルや嗜好が分かり、インバウンド対策にタイムリーに活用できる。(編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事