【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国、世界初の海水電池を商用化へ=韓国ネット「革新的」「成功したらノーベル賞」

配信日時:2019年2月4日(月) 12時10分
「成功したらノーベル賞」=韓国、世界初の海水電池を商用化へ
画像ID  1064411
1日、韓国紙・中央日報は、韓国の研究チームが世界初となる海水電池を開発し、商用化に向けて動き出していると報じた。写真は蔚山科学技術院。
2019年2月1日、韓国紙・中央日報は「韓国の研究チームが世界初となる海水電池を開発し、商用化に向けて動き出している」と報じた。

最近、二次電池の主流であるリチウムイオン電池に代わり、海水電池が新たな動力源として注目されている。記事によると、蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)エネルギー・科学工学部のキム・ヨンシク教授は韓国電力や韓国東西発電と共に、2017年から3年間で事業費50億ウォン(約4億9000万円)を投入し、海水電池をエネルギー貯蔵システム(ESS)として使用するための海水電池商用化の研究を進めている。韓国で相次いで火災が発生したリチウムイオン基盤のESSに代えられるとの期待も高まっているという。

記事は海水電池の利点について「地球の表面の70%を占める海水を利用するという点」と紹介。生産コストが低く環境に優しいとされている。キム教授は「海水電池の場合、海水中のナトリウム(Na+)イオンを陰極、水を陽極に電気を生産・保存し、残りは淡水化する。熱制御も自主的に可能で、リチウム電池より火災の危険性が少ない。また、リチウムは地殻の0.02%しかなく、昨年だけで価格が3倍も跳ね上がった貴重な鉱物だが、海水電池は生産費用が50%以上安い」と説明しているという。

海水電池は海上での軍事活動など海洋産業での利用価値も高いとみられている。記事によると、韓国海洋科学技術院のペク・スンジェセンター長は「海水電池の商用化に向け、計5億6000万ウォン(約5500万円)規模の研究開発予算を投入した」と話した。韓国東西発電も「UNISTと共同で太陽光生産した電気を海水電池に貯蔵して使用する漁網用浮子を800個作り、400戸の漁師に供給する」と発表したという。

これを受け、韓国のネット上では「産業的に成功したらノーベル賞もの!」「ぜひ成功しますように。ファイト!」「かなり革新的」と期待が高まっている。一方で「どうせでまかせでしょ」「こうやって話題になって実用化した例を見たことがない。いつも口だけ」「教授たちの目的は(1)メディアに取り上げられる(2)論文を書く(3)特許をとる。記者たちの目的は(1)クリック数(2)事実の伝達だ」など懐疑的な意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事