サムスン、テレビ市場でも中国の攻勢に泣く=韓国ネット「韓国製は高過ぎ」「でも品質は韓国が上」

配信日時:2019年2月5日(火) 8時0分
サムスン、テレビ市場でも中国の攻勢に泣く
画像ID  1064399
1日、韓国・中央日報は「『55インチ35万ウォン(約3万4000円)』小米、中国のテレビ市場でもサムスンを泣かせる」と題する記事を報じた。写真はサムスン製のテレビ。
2019年2月1日、韓国・中央日報は「『55インチ35万ウォン(約3万4000円)』小米、中国のテレビ市場でもサムスンを泣かせる」と題する記事を報じた。

記事は英調査会社・IHSマークイットの調査結果を伝えている。それによると、昨年中国市場における第1~3四半期(1~9月)のサムスンのテレビ販売台数は71万6000台だった。第1四半期(28万3900台)、第2四半期(24万5900台)、第3四半期(18万6500台)と下落し続けており、ある家電業界関係者は「サムスンの市場シェアは低下傾向にあるため、年間100万台の販売は難しそうだ」と話しているという。

中国市場でサムスンのテレビ販売台数が減る一方で、相対的に躍進しているのは「小米(シャオミー)だった。小米の中国市場におけるテレビ販売台数は、2016年(89万8000台)は100万台以下だったが、17年は245万台を記録、昨年は第3四半期の時点で販売台数がすでに500万台を超えたという。サムスンとLGの液晶パネルを使用した55インチの4Kテレビを35万ウォンで売り出すといい、破格の値段設定に中国の消費者が反応しているという。サムスンの同インチの4Kテレビは90万ウォン(約8万8000円)台で売られている。IT業界の関係者は「最近の中国のテレビ市場はハイエンドとローエンドに両極化しているが、小米はコストパフォーマンスを前面に押し出している」と説明したという。

これを受け、韓国のネット上では40代の男性ユーザーを中心に「サムスンやLG製品を買っている韓国国民がかわいそう」「正直言って韓国製は高過ぎる。それに無駄な機能が多過ぎる」「え、サムスンの55インチの4Kが90万ウォン?。韓国だと300万ウォン(約29万円)じゃなかった?」など不満げな声が上がっており、その原因として「サムスンは技術開発にかかった時間とお金を取り戻さなきゃならないから価格が高い」などの指摘が出ている。

一方で、小米については「他人の技術を盗んで作ってるから安いはずだよ」「でもさ、結局主要部品のパネルはサムスンとLGのを使ってるじゃん」などのコメントが寄せられ、そのほかにも「単に値段の違い。品質は韓国製が勝ってる」「小米だけじゃない。韓国内でも中小企業のテレビはサムスン・LGの3分の1程度」「中国市場は中国製だけが売れる。やたらに入り込んだら地獄行き」など、さまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/02/05 09:54)

    ソニーもTV部門から撤退している。価格面で新興国に勝てない分野はあるものだ。歴史は繰り返すと言うから、中国もいずれ東南アジア諸国に追い詰められる日が来るかもしれない。そんなとき大国の余裕を見せられるか『中国経済の邪魔をすれば戦争になる』と脅すか楽しみである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事