Record China

ヘッドライン:

テスラの上海新工場、初期の目標は週3000台生産―中国メディア

配信日時:2019年2月3日(日) 5時0分
拡大
テスラの2018年第4四半期の収入は72億3000万ドル、総利益は1億3950万ドルだった。テスラにとって、10年の上場以降で黒字になった4回目の四半期であり、また初めての2四半期連続での黒字達成となった。写真はテスラの中国ディーラー。

米電気自動車(EV)大手のテスラは北京時間の1月31日に2018年第4四半期決算を発表した。それによると、同期の収入は72億3000万ドル、総利益は1億3950万ドルだった。テスラにとって、10年の上場以降で黒字になった4回目の四半期であり、また初めての2四半期連続での黒字達成となった。北京日報が伝えた。

テスラは、19年にEV36万~40万台を引き渡し、台数は18年比約45~65%増加し、このうち「Model 3」の年間生産量が前年より大幅に増加すると見込む。今年1月には上海の新工場・ギガファクトリーの建設が始まり、その生産ラインで年内に「Model 3」の生産を開始する予定だ。同工場生産ラインの単位生産能力あたりの資本支出は米国工場の「Model 3」生産ラインの半分にも満たない。またテスラは今年、「Model Y」のテスト生産を開始する予定で、20年までに量産を実現したいとしている。

ギガファクトリーは初期の計画として、「Model 3」を毎週3000台生産し、いずれは1万台に引き上げることを目標に掲げる。19年第4四半期から20年第2四半期までの「Model 3」生産量は50万台を超える見込みだ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング