Record China

ヘッドライン:

日本が「空母大国クラブ」入り狙うも、露メディアが冷や水―中国メディア

配信日時:2019年2月4日(月) 8時0分
拡大
1日、参考消息は、日本が空母保有国の仲間入りを目指す中で、ロシアメディアが冷や水を浴びせたと報じた。写真はいずも。

2019年2月1日、参考消息は、日本が空母保有国の仲間入りを目指す中で、ロシアメディアが冷や水を浴びせたと報じた。

記事は、ロシア・タス通信の1月30日付の報道を紹介。同メディアはまず、安倍晋三首相が同日にいずも型護衛艦の空母化について「すべて、自衛に必要な最低限の範囲にとどめる」と語ったことを伝えた。

その上で、「現在日本の海上自衛隊に空母はないものの、ひゅうが型といずも型のヘリコプター搭載護衛艦が計4隻存在し、なかでもいずも型護衛艦2隻は甲板上に最大14機のヘリコプターを搭載できる」と紹介した。

そして、「現在、この4隻のヘリ搭載護衛艦は戦闘機の搭載には適していない。しかし、耐熱材で甲板を強化して飛行機の離着陸時の高温に耐えられるようにし、さらに甲板にジャンプ台を取り付ければ、規模の大きいいずも型護衛艦を真の空母に変えることができる」と説明。岩谷毅防衛相が同護衛艦の改造について「われわれは既存の装備が持つさらに多くの機能を利用する必要がある」と語ったとしている。

タス通信は「近年、アジア太平洋地域のメディアはしばしば日本の軍国主義復活の情報を発信している。このような背景において、自衛隊が空母と垂直離着陸が可能な第5世代得戦闘機を持つことについて、隣国からの認可は得られないだろう」と評した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「いずも」の空母化は災害対応のため?防衛相の説明に「じゃ、遼寧号は漁のため」―中国ネット

20日、新浪軍事は、日本の護衛艦「いずも」を事実上空母化することについて、岩屋毅防衛相が「災害対応などに活用するためだ」と説明したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2018年12月21日 12時50分
続きを読む

ランキング