【募集中】韓国語社内スタッフ

わが国の科学技術は「盗み」に頼ったものではない―中国外交部

配信日時:2019年2月1日(金) 10時20分
わが国の科学技術は「盗み」に頼ったものではない―中国外交部
画像ID  1064204
米国会議員が「中国の大型科学技術企業は中国政府の支援でセンシティブな技術を盗んでいる」と発言したことに対し、中国外交部の耿爽報道官は31日の定例記者会見で「わが国の技術は盗みやひったくりによるものではない」と反論した。
米国会議員が「中国の大型科学技術企業は中国政府の支援でセンシティブな技術を盗んでいる」と発言したことに対し、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は31日の定例記者会見で「わが国の技術は盗みやひったくりによるものではない」と反論した。

米上院特別情報委員会のマーク・ウォーナー副委員長は先日、「中国の大型科学企業による一部の行為は憂慮を抱かせ続けているものだ。これらの企業は中国政府の支援の下で、センシティブな技術を獲得、複製しているのだ」と発言した。上院に所属する野党のリーダーからも「中国は米国に代わり科学技術をリードする地位に立とうとしているが、盗用を繰り返している」との指摘が出た。

これに対し、耿報道官は会見で「米国が他国の科学技術を貶めたり、非難したり、圧力を与えたりするのは、まったくもって道理に背く行為だ。米国が世界トップの科学技術大国であることをわれわれは認めている。米国にはオープンかつ寛容な心で、他国の技術の進歩を見てもらいたい」と訴えた。

また、「中国の科学技術の成果は盗みによるものでもなければ、ひったくったものでもない。膨大な科学技術従事者を含めた中国人民全体が知恵を絞り、汗を流して奮闘してきた結果だ」と主張している。

耿報道官はさらに「米中間に科学分野の競争があるのは正常なこと。競争が正当かつ公平でルールにのっとったものであれば、双方の科学技術の発展を促すとともに、人類全体の技術の進歩を導くことになる」とし、「われわれは米国と技術分野で交流、協力し、両国民および世界の人びとにさらなる幸福をもたらすことを望んでいる。この問題においてわれわれはオープンで寛容な態度を持っている」とコメントした。(川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/02/01 19:12)

    >わが国の科学技術は「盗み」に頼ったものではない 盗みではなく〈模倣〉だと言いたいのであろう。模倣を学習と呼ぶ国もあれば、模倣は盗みだと言う国もある。日本はかつて古代中国から多くの文明や制度を模倣した歴史があるが、それが中国が日本の特許技術を模倣していい〈免罪符〉にはならない。遣唐使のころとは知的財産権に対する認識が違うからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2019/02/01 13:43)

    盗用ではなく少し加飾してそのまま使っているだけ。 だからそこに独自性は感じることはできない。 オープンにしなければ新しい技術が入って来なくなるのだろうね。 持って行かれるものがないことだし・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/02/01 11:32)

    >オープンかつ寛容な心で、他国の技術の進歩を見てもらいたい 日本の新幹線技術は海外には出さない約束でしたよね。 日欧新幹線に毛が生えた程度の技術であっという間に輸出攻勢をかけてるのはどちら様でしたっけ。そんなことするから寛容な心なんてとっくに消えてるんですが。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事