北京の濃霧を世界が報道、工業化に警鐘―中国メディア

配信日時:2013年1月15日(火) 5時10分
北京の濃霧を世界が報道、工業化に警鐘―中国メディア
画像ID  365961
13日、「北京市全体が空港の喫煙所のように見える」―ある米国の主流メディアは中国の首都を覆って全世界を驚かせた有害物質を含む狂気じみた濃霧をこう形容した。写真は汚染の深刻な日とそうでない日の比較。
2013年1月14日、環球時報によると、「北京市全体が空港の喫煙所のように見える」―ある米国の主流メディアは13日、中国の首都を先週土曜日に覆って全世界を驚かせた有害物質を含む狂気じみた濃霧をこう形容した。北京の当日の大気汚染指数が世界保健機関(WHO)の指導基準の35倍であること、計測機器を使用せずとも大気中の排気ガスや炭塵が臭いで分かることに各メディアは驚いた。

その他の写真

汚染にさらされている中国人には、なおさらに不満を抱く理由がある。2011年6月に帝都(北京)を水浸しにした豪雨と同様、観測史上最も深刻とされる今回の濃霧によって、中国の急速な経済発展と都市化は少なからぬ人の目に表面的な輝きに過ぎないと映るようになった。

「中国の都市は米国が超大国へと歩む過程で犯した過ちを繰り返している」。米誌フォーリン・ポリシーは、中国が米国のように自動車台数の急増を放置していることについて、こう指摘した。新「霧の都」と揶揄されないよう、60年前のロンドンスモッグから教訓を汲み取ることを中国に促すメディアもあった。中国は環境保護と発展の均衡をうまく図る決意をする必要があるとの声も上がった。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/TF)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事