Record China

ヘッドライン:

中国で20年近く服役していた台湾人スパイが釈放される―台湾メディア

配信日時:2019年1月30日(水) 14時10分
拡大
29日、観察者網は、スパイ活動を行ったとして20年近く服役していた台湾人スパイの楊銘中氏が、釈放され台湾へ戻ったと伝えた。

2019年1月29日、台湾・中国時報(電子版)は、スパイ活動を行ったとして20年近く服役していた台湾人スパイの楊銘中(ヤン・ミンジョン)氏が、釈放され台湾へ戻ったと伝えた。

記事によると、楊氏はかつて台湾の「警備総部」の士官で、当時の中正空港に派遣されて駐在していたが、法を犯して有罪となり服役。服役中に「国防部軍軍事情報局」の汪希苓(ワン・シーリン)局長、陳虎門(チェン・フーメン)副所長らと知り合い、出所後に軍事情報局6処を紹介され諜報員となったという。

その後、軍事情報局は中国軍の劉連昆(リウ・リエンクン)少将(当時)と邵正忠(シャオ・ジェンジョン)大佐(当時)から情報を得ることを画策。楊氏は劉少将の連絡係となったという。1992年から99年までの間に劉少将が流した情報の中で、93年の軍委員会会議の内容と96年の台湾海峡軍事演習に関する情報が最も重要でナイーブな情報だったという。

記事によると、台湾海峡危機の後、中国側は李登輝(リー・デンホイ)総統(当時)の話の内容から、情報が漏洩している可能性に気が付いた。その後の調査で99年に劉少将と邵大佐を逮捕。連絡係だった楊氏と姚嘉珍(ヤオ・ジャージェン)氏も逮捕された。

劉少将はその後、軍事裁判で有罪となり死刑を言い渡され、99年8月に刑が執行された。台湾の軍事情報局6処の●家鈞(●はまだれに龍、パン・ジャージュン)処長は、最初の6年間で劉少将が軍事情報局から得た報酬は、合計2500万台湾ドル(約9000万円)前後だったと回想している。

楊氏については、最初は死刑判決となったが、その後2年の執行猶予付き死刑判決に変更され、さらに無期懲役、懲役20年と減刑され、数カ月の減刑も加わって今年1月に刑期を満了して釈放された。台湾の軍事情報局は「捕虜の交換」を希望していたが中国側が応じなかったため、刑期を満了してからの釈放となったという。

記事は楊氏について、「姚氏と並び、中国で最も長く服役した台湾人スパイ」になったと紹介。姚氏も楊氏同様、最初は死刑判決となったが後に懲役20年に減刑され、昨年刑期を満了して釈放されていた。

記事は、「これまで台湾人スパイが中国で逮捕される2回の大きな波があった」と伝えている。1回目は96年の台湾海峡危機の時で、この時は軍事関係者が多く逮捕された。2回目は2003年で、陳水扁(チェン・シュイビエン)元総統が、中国沿岸部に配置されている巡航ミサイルの数と位置を明らかにした後、30人以上の台湾人スパイが逮捕され、少なくとも17人が10年以上の懲役刑となったという。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

トランプ氏の「中国人留学生は全員スパイ」に華人が猛反発=米国務省「中国人留学生を歓迎」―中国メディア

11日、トランプ米大統領がプライベートな夕食会で「中国人留学生は全員スパイ」と受け取られる発言をしたと報じられ、米国の多くの中国系市民から不満の声が出たことを受け、米国務省がコメントを発表した。写真は米国務省。

Record China
2018年8月12日 12時30分
続きを読む

ランキング