Record China

ヘッドライン:

【動画】飛行機のドアが閉まった後に「降ります」、航空会社の対応にも不満の声―中国

配信日時:2019年2月2日(土) 16時20分
拡大
中国の北京首都国際空港で1月2/19日午前、旅客機のドアが閉まった後に乗客の1人が降機を求めたことで、フライトが1時間遅延するトラブルが発生した。

中国の北京首都国際空港で1月29日午前、旅客機のドアが閉まった後に乗客の1人が降機を求めたことで、フライトが1時間遅延するトラブルが発生した。澎湃新聞網が伝えた。

トラブルがあったのは北京から青島に向かう北京首都航空便。客室乗務員らは「機体に問題はない。乗客の1人が降機を申し出たことが理由。すべての乗客に搭乗を取りやめる権利がある」と説明したが、乗客からは不満が噴出し、声を荒らげる人も見られた。

同社担当者は、1時間の遅れが生じたことを明かし、「乗客の降機が原因と聞いている。弊社の責任ではないため(遅延についての)賠償は発生しない」と述べた。

このトラブルに対し憤りをあらわにしたのは乗客だけではなかった。ネットでも「1人のためにすべての乗客の貴重な時間が奪われるのは納得できない。航空会社の説明や対応にも納得できない」「突発的な病気のような特殊なケースは仕方ないとして、それ以外の理由で降機する場合は当事者に賠償を科す必要がある」と土壇場で降機した乗客や航空会社の対応に不満を示す声が多く寄せられた。(翻訳・編集/内山

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ぜんそく発作の乗客のために引き返した飛行機、中国ネットから非難が上がった理由

中国メディアの頭条新聞は8月30日、微博(中国版ツイッター)の公式アカウントを通じて、中国の西部航空の飛行機が、ぜんそくの発作を起こした乗客のために空港へ引き返したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2018年9月2日 0時0分
続きを読む

ランキング