「日本人の素養が高いのは中国から圧搾して発展したから」=復旦大学教授がテレビ番組で主張―中国メディア

配信日時:2019年1月30日(水) 12時10分
日本人の素養が高いのは中国から圧搾して発展したから―復旦大学教授
画像ID  1063525
29日、観察者網によると、復旦大学の教授が「日本人のモラルが中国より高いのは、日本が中国から圧搾して資金を得て発展したからだ」との持論を展開した。資料写真。
2019年1月29日、観察者網によると、復旦大学の教授が「日本人のモラルが中国より高いのは、日本が中国から圧搾して資金を得て発展したからだ」との持論を展開した。

記事は、28日夜に中国のテレビ局・東方衛星テレビで放送された番組内で、復旦大学中国研究院の張維為(ジャン・ウェイウェイ)院長が語った内容を紹介。張院長はまず「ある若者が『中国は物質的には大きな成果を生んだが、市民のモラルがまだ高くない、特に日本と比べて低い』と言ってきた。しかし私は、日本の近代化における最初の蓄積、そのための資金をどうやって手に入れたかを忘れてはいけないと思う」とした。

そして、「19世紀後半に明治維新に成功した日本は列強の仲間入りをして中国と日清戦争を起こし、中国を負かして当時の中国政府の財政収入3年分に当たる巨額の賠償金を得た」と説明。「日本はこの賠償金を用いてさらなる発展を遂げ、1900年には基本的に文盲がいなくなったのだ」と解説した。

その上で、「現在世界一の経済大国である米国が3年分の財政収入を中国に与えて中国を発展させ、市民の民度を改善させてくれたなら、100年後にはきっと世界で最高のモラルを持つ市民になっていることだろう。もちろんこれは仮説だが、そういうことなのだ」と説明している。

張氏は「日本は近代化の原始段階、さらにはその後の発展過程において、中国人からどれほどの血と汗、資金、資源を搾取し、どれほどの中国人の命を傷つけてきたことか。それは筆舌に尽くしがたいものがある。一方、外敵の侵略を受け、資金が外部に流れ出した中国は衰退の道を進んだ。1900年に8カ国連合軍が攻めてきた時には、さらに巨額の賠償金の支払いを迫られた。これにより、中国は真の『東亜の病夫』になってしまったのだ」と主張した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Har***** | (2019/04/17 18:33)

    モラルと経済力は関係ないだろアホ 外国人には江戸時代からすごく高いモラルがあると絶賛されているのも知らんのかww だいたい文化大革命時に知識人たちを大量大虐殺した事を忘れるなよ屑ども
    このコメントは非表示に設定されています。
  • har***** | (2019/01/31 12:01)

    >1900年には基本的に文盲がいなくなったのだ」と解説した。 幕末の頃の識字率はなんと7割~9割 あの大英帝国でさえ2~2.5割 中国の賠償金とかは全く関係無い
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/30 15:56)

    この教授は何を勘違いしているのか。日本の近代化の始まりは〈明治維新〉である。中国が日本に賠償金を支払ったのは、日清戦争が終わったあとであろう。だいたい日本が中国(清王朝)に勝利したのは、日本の軍隊が近代化していたためである。教授の説が正しければ、原因と結果の順番が逆になってしまうはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事