Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日中の戦闘機がスクランブル発進、尖閣上空で一触即発―中国

配信日時:2013年1月12日(土) 13時57分
拡大
10日、中国国防部は尖閣付近に戦闘機を緊急発進させた問題について説明した。自衛隊機の接近を受けて中国戦闘機がスクランブル発進したと主張している。写真はJ−10戦闘機。
(1/8枚)

2013年1月11日、中国国防部の公式サイトによると、同部は10日、尖閣付近に戦闘機を緊急発進させた問題について説明した。

その他の写真

現在、中国は尖閣諸島について「海と空からの定期巡視」を実行していると主張している。10日、巡視の航空機が日本の防空識別圏に侵入したため、自衛隊のF−15がスクランブル発進。自衛隊機が接近してきたため、中国軍がJ−10戦闘機2機をスクランブル発進させたという。なおJ−10戦闘機は防空識別圏には侵入していないという。

中国国防部の発表に従えば、日中両国の戦闘機がスクランブル発進したことになる。昨年9月以来緊張が続く尖閣諸島問題。思わぬアクシデントが衝突につながりかねないと懸念されている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

反日デモで警察車両を破壊、参加者5人を公訴=昨秋の尖閣問題で―広東省深セン市

9日、尖閣諸島の日本国有化を受けて、昨年9月に中国・広東省深セン市で発生した反日暴動に関わったとして拘束されていた5人の容疑者が、器物損壊と暴行の罪状で福田区人民検察院に公訴された。写真は2012年8月12日に同市で行われた反日デモの様子。

Record China
2013年1月11日 10時57分
続きを読む

日本は本当に警告射撃をするつもりか?=中国機による尖閣の領空侵犯で―13億人のアンケート

9日、尖閣諸島周辺で繰り返し領空侵犯に及ぶ中国機に対し、日本政府が警告射撃などの対抗措置強化を検討中であることがわかった。この問題について、中国紙は「日本は本当に“第一弾”を発砲すると思うか?」との質問を投げかけた。写真は中国人民解放軍空軍。

Record China
2013年1月10日 13時45分
続きを読む

ランキング