プライムメタルテクノロジーズが楽亭製鉄から追加受注、危険作業用「リキロボ」も導入、その他

Record China    2019年1月30日(水) 15時50分

拡大

プライメタルズテクノロジーズは、スラブ連続鋳造機1基(写真)を追加受注。ロボットの「リキロボ」も導入。プリンスホテルはWeChat Payと台湾金融カードの決済を導入。大日本住友製薬は中国で非定型抗精神病薬「ラツーダ」の承認を取得。

プライメタルズテクノロジーズは、スラブ連続鋳造機1基(写真)を追加受注。ロボットの「リキロボ」も導入。プリンスホテルはWeChat Payと台湾金融カードの決済を導入。大日本住友製薬は中国で非定型抗精神病薬「ラツーダ」の承認を取得。同社子会社の住友製薬(蘇州)が年度内に発売する予定。

●プライムメタルテクノロジーズが楽亭製鉄から追加受注、危険作業用「リキロボ」も導入

プライメタルズテクノロジーズは、中国の鉄鋼メーカーである楽亭製鉄から2条式スラブ連続鋳造機1基を受注した。2019年1月29日付で発表した。ロボットの「リキロボ」も導入される。

河北省唐山の南東にある楽亭県に建設中の高品質鋼用製鉄プラントの設備投資の一環として導入される。スラブ年産能力は200万トンで、危険性の高い作業は鋳造プラットフォーム用ロボット「リキロボ」が行う。

楽亭製鉄からは17年にもスラブ連続鋳造機2基を受注しており(19年に稼働開始)、3基目の受注。試運転は20年2月を予定。

●プリンスホテル、春節に合わせ「WeChat Pay」と「台湾金融カード」による決済を追加導入

プリンスホテルは全国のホテル、スキー場、ゴルフ場で、中国のモバイル決済サービス「WeChat Pay」、台湾のキャッシュカード決済サービス「台湾金融カード」決済を春節(旧正月)に当たる2月5日から、順次導入する。いずれも6月までに国内すべてのホテル、ゴルフ場、スキー場が導入する予定。

プリンスホテルは2008年に銀聯カードの取り扱いを開始、18年7月からは中国のモバイル決済サービス「Alipay」の導入を進めている。

●大日本住友製薬、中国当局から非定型抗精神病薬「ラツーダ」の統合失調症に対する承認を取得

大日本住友製薬は29日、国家薬品監督管理局から非定型抗精神病薬「ルラシドン塩酸塩、ラツーダ」の中国における統合失調症に対する承認を24日付で取得したと発表した。2015年12月に輸入許可申請を行っていた。

同社中国子会社の住友製薬(蘇州)が必要な手続きを行い、19年度内に発売する予定。(編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携