【募集中】韓国語社内スタッフ

<サッカー>日本の勝利から中国が学べること―中国メディア

配信日時:2019年1月29日(火) 23時20分
<サッカー>日本の勝利から中国が学べること―中国メディア
画像ID  1063378
アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のサッカーのアジアカップ準決勝で、日本がイランに勝利したことを受け、中国メディアの人民網は29日、「中国はそこから何を学べるか」とする記事を掲載した。資料写真。
アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のサッカーのアジアカップ準決勝で、日本がイランに勝利したことを受け、中国メディアの人民網は29日、「中国はそこから何を学べるか」とする記事を掲載した。

記事は28日の試合について、「日本は『柔よく剛を制す』を完ぺきにやり切った。相手に力を発揮する余地を与えなかった」とし、準々決勝でイランが中国を3—0で破っていたことについて「イランは中国にワールドカップ(W杯)出場国との差を見せつけた。日本は中国にW杯の決勝トーナメント進出レベルとの差を見せつけた」と評した。

その上で、「日本のサッカーの道は、一歩一歩積み重ねて来たもの。その過程では迷うこともあるかもしれないが、やり続ければ、ふと気付くとライバルは遠く後ろの方にいる。イランはアジアの中でも欧州のようなチームと言われる。日本の完勝は、彼らがすでに脱亜入欧を果たしていることを宣言するものだ」と評した。

そして、「日本サッカーから私たちは何を学べるか。ユースの育成、目標をもってやり続けること…こうした道理は誰にでも分かる。しかし、中国サッカーは『道理は分かってもうまくいかない』という状況にある。『初心忘るべからず』と言えば簡単だが、そこには紆余曲折、困惑、苦悩がある」とした。

さらに、「中国は無数のサッカー先進国のスタイルを学んだ結果、最終的に最もスタイルのないチームになった」と指摘。「(中国代表の)武磊(ウー・レイ)のスペインリーグ移籍に私たちは飛び上がって喜ぶが、日本は今回のアジアカップに出場しているほとんどの選手が海外組な上、主力選手は半分」とし、「基本的な能力、試合への集中力、戦術の実行力は、中国とは全く別のレベル。招待枠として参加する19年の南米選手権でも、彼ら“サムライブルー”を楽にのみ込めると言いきれる国があるだろうか」とした。

記事は最後に、「中国中央テレビ(CCTV)の解説員が、試合後に『本当にうらやましい』と漏らした。しかし、これらは中国も学ぶことができる。難しくないが、簡単でもない。自分に問いかけてみよう。初心はあるか。忍耐力はあるか。決心はあるかと」と結んだ。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • shu***** | (2019/01/30 22:15)

    一朝一夕にはできない話で。選手一人ひとりの話じゃないのよ。1人の代表選手の向こう側に何十万人というサッカー人口が支えている。 25年という月日は、Jリーグ構想のまだほんの1/4に過ぎない。そういう長期の腰を据えた計画がサッカー文化の中に根付いているのが大きい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/30 16:36)

    >中国はそこから何を学べるか サッカーには詳しくないが、日本と中国の違いは〈メンタル〉であろう。日本は先制点を取られてもブレない試合運びで、逆転のチャンスが巡って来るのを辛抱強く待つ。一方、中国は先制されると攻撃に比重を置いた戦法になり、その分守備が手薄になって追加点を取られたのだ。中国対イラン戦で中国が〈平常心〉を無くさなければ、逆転勝利の可能性もあったはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事