【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本でモバイルバッテリー投げ売り、100円も=中国でも話題に

配信日時:2019年1月29日(火) 20時40分
日本でモバイルバッテリー投げ売り、100円も=中国でも話題に
画像ID  1063294
29日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、「日本でモバイルバッテリーが投げ売りされている」という話題が注目を集めている。写真は日本の硬貨。
2019年1月29日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、「日本でモバイルバッテリーが投げ売りされている」という話題が注目を集めている。

報道によると、日本では、多発する発火事故などを予防するため、今年2月1日からモバイルバッテリーが電気用品安全法(PSE法)の規制対象となり、PSEマークの表示が義務化され、表示のない製品は販売できなくなる。そのため、家電量販店などでは2600mAhで税抜2520円のものが100円などで投げ売りされているという。

ウェイボーでは、「日本にいるブラザーたちよ、近くの電気店へ急げ」というメッセージとともに、日本のツイッターなどでお祭り騒ぎになっている様子を紹介する投稿に、「ソニー製が280円?」「一桁少なくない?」「ほとんどもってけ泥棒状態らしい」などと驚く声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事