Record China

ヘッドライン:

韓国人元慰安婦が死去、最後の言葉は「日本に対する怒り」=韓国ネットから謝罪求める声

配信日時:2019年1月29日(火) 16時20分
拡大
28日、慰安婦問題解決のために精力的な活動を続けてきた韓国人元慰安婦の金福童さんががんのため死去した。韓国・聯合ニュースは「金さんが最後に残した言葉は日本に対する怒りだった」と伝えている。写真は水曜集会の様子。

2019年1月28日、慰安婦問題解決のために精力的な活動を続けてきた韓国人元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さんががんのため死去した。韓国・聯合ニュースは「金さんが最後に残した言葉は日本に対する怒りだった」と伝えている。

記事によると、金さんの死を見届けた元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は「おばあさん(金さん)が最後に何か伝えていたが、気力がなく聞き取れなかった」としつつも、「唯一聞こえてきた言葉が『日本に対する怒り』だった」と述べた。

金さんは慰安婦問題解決を訴えるため毎週水曜日にソウルの日本大使館前で行われているデモ(水曜集会)に参加するなど、日本政府から謝罪や賠償を受けるため積極的に活動してきた。こうした活動について尹代表は「慰安婦問題に対する関心を高め、戦時中の性暴力被害の再発防止に向けた努力へと国際世論を導いた」と評価した。

このニュースに、韓国のネットユーザーは「お疲れさまでした。後のことは私たちに任せてゆっくり休んでほしい」「韓国国民が絶対に忘れてはならない歴史。必ず日本から謝罪を受けよう」「日本の歴史歪曲(わいきょく)を正すこと、それがおばあさんのためにできること」などの声を寄せ、慰安婦問題解決に向け決意を新たにしている。

また日本政府に対し「良心があるならこの言葉を無視できないはず」「日本は被害者がこの世からいなくなる日を待っているのかもしれないけど、その時本当に日本は許しを得られる最後の機会を失うことになる」と訴える声や、韓国政府に対し「韓国政府の無能さにがっかりする。内部で争っているばかりで日本には何も言えない」「おばあさんの恨みを晴らせなかったのは、たった10億円で慰安婦合意を結んだ朴前大統領のせい」と批判する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング