Record China

ヘッドライン:

互いに訪れない日中観光客、意地を張っても「漁夫の利」しか生まない―日本華字紙

配信日時:2013年1月12日(土) 8時40分
拡大
9日、関係が悪化したことで日中の観光客が互いの国への渡航を避けていることが第三者であるはずのタイに「漁夫の利」を得させている。写真はバンコク。
(1/8枚)

2013年1月9日、華字紙・日本新華僑報は日本と中国からタイを訪れる観光客がかつてないほど急増していると日本メディアが報じたことを伝え、日中関係が悪化したことで両国の観光客が互いの国への渡航を避けていることが第三者であるはずのタイに「漁夫の利」を得させていると報じた。

その他の写真

タイ観光・スポーツ省によれば、2012年11月、観光ビザで入国した日本人の数は約124万人で前年比19%増、同じく中国人の数は250万人で過去最多となり、その後も観光客数は増加を続けている。尖閣問題をきっかけに日本と中国の関係が冷え込んだことが背景となっている。

両国とも海外へ観光に赴く意欲は高く、特に中国は経済成長に伴い海外旅行をする人が増えている。日本も不景気が続いているものの円高で海外へ旅行に行きやすくなっており、比較的高い年齢層と若い世代を中心に観光客が増えているにもかかわらず、中国を訪れる人だけが減っている。

マイナスとなっているのは観光分野だけではなく、双方の経済全体にとっても不利益が生じている。特に尖閣問題で強硬な姿勢を示す安倍晋三氏が政権の座に返り咲いたことで日中関係が好転する可能性が減り、人々の往来だけでなく経済・貿易分野でも多大なダメージが生じており、日中双方が意地を張って関係が冷え込むことで生まれるのは、他国の「漁夫の利」ばかりだと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

もし日本人観光客が中国に来なくなったら?―中国メディア

19日、「もし中国人観光客が日本に行かなくなったら?」という文章を以前書いたところ、「もし日本人観光客が中国に来なくなったら?」とのコメントがあった。確かに比較することで日中観光業界の実情をより理解できるかもしれない。写真は福建省の人気観光地・武夷山。

Record China
2012年11月19日 14時47分
続きを読む

日中関係の冷え込み、本当に“痛い”のはどちらか―中国メディア

23日、尖閣諸島をめぐる日中両国の関係悪化による中国旅行の安全性への懸念や反日活動が招いた中国に対する悪感情が原因で、団体客のキャンセルなどで日中間の定期便の16%が減便となった。写真は北京市内の長富宮ホテルの日本語新聞・雑誌の販売コーナー。

Record China
2012年10月27日 14時4分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング