【募集中】韓国語社内スタッフ

<サッカー>「正直、日本がうらやましい」イラン撃破の日本に韓国メディアも驚き

配信日時:2019年1月29日(火) 13時20分
<サッカー>「正直、日本がうらやましい」イラン撃破の日本に韓国メディアも驚き
画像ID  1063233
アラブ首長国連邦で行われているサッカーのアジアカップは28日に準決勝を行い、日本がイランに3‐0で勝利を収めた。準々決勝でカタールに敗れ、すでに敗退している韓国のメディアは「屈辱的だが見習わなければならない」と伝えている。資料写真。
アラブ首長国連邦(UAE)で行われているサッカーのアジアカップは28日に準決勝を行い、日本がイランに3‐0で勝利を収めた。準々決勝でカタールに敗れ、すでに敗退している韓国のメディアは「屈辱的だが見習わなければならない」と伝えている。

日本代表は56分に大迫がヘディングで先制点を奪うと、67分にも大迫がPKを決めてリードを広げた。さらにアディショナルタイムに原口がダメ押しの3点目を決めた。この試合について、韓国メディアのメディアペンは29日、「うらやんだら負けというが、日本がイランを撃破する姿は正直うらやましかった」とし、「日本とイランは共に優勝候補と言われる強豪チームであるため日本が勝ったことは特別驚くことではないが、3‐0のスコアと試合内容には非常に驚かされた」と伝えている。

記事は「日本は準々決勝まではさほど強く見えなかったが、イラン戦では違った」とし、その原動力について「日本の選手は根気強く、集中力があり、相手のミスを逃さなかった」と分析。さらに「もう日本の実力を認めざるを得ない」とし、「ロシアW杯ではアジアで唯一16強入りを果たした。その後新監督となり、世代交代中にもかかわらずアジア杯では優勝する可能性も高い」と説明している。

その上で「格下のカタールに負けて敗退した韓国は日本から何を学べるか真剣に考えるべきだ」とし、「日本サッカーの最近の動きを見ると、監督選びはさほど重要ではない。欧州組の多い日本は選手個人のスキルが高く、根性もあってよく走る。闘志だけには自信のあった韓国の選手が残念なプレイを見せたことと対照的だ」と指摘している。

日本の戦いぶりについては、韓国のネットユーザーからも「うらやましい」との反応が多く上がっている。「悔しいけど認める。今の時点でアジア最強は日本だ」「韓国はどんな手を使ってもイランに3‐0で勝てない」「日本のサッカーで目の保養をすることになるとは…。日本は脱アジアのサッカーを見せてくれた」「日本の選手は次々欧州に行っている。その時点で韓国と大きな差がある」「適切なローテーションも成功したし、正確なパスと攻撃、守備にメンタルまで圧倒的だった」「日本が強くなったのはチャレンジ精神と支援のおかげ。韓国が日本から学ぶ点は多いと思う」などの声が見られた。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事