【動画】上海ディズニーでまた!「シェリーメイ」が頭を引っ張られ医務室行き―中国

配信日時:2019年1月29日(火) 22時40分
上海ディズニーでまた!「シェリーメイ」が頭引っ張られ医務室行き
画像ID  1063200
上海ディズニーランドで26日、来園客がクマの「シェリーメイ」の着ぐるみの頭部を引っ張るトラブルが発生した。同様のトラブルがたびたび起きており、ネットではマナー違反に対し批判の声が集まっている。
上海ディズニーランドで26日、来園客がクマの「シェリーメイ」の着ぐるみの頭部を引っ張るトラブルが発生した。同様のトラブルがたびたび起きており、ネットではマナー違反に対し批判の声が集まっている。28日付で北京青年報が伝えた。

映像では「シェリーメイ」の着ぐるみの耳を背後から引っ張る男性の姿が映っている。着ぐるみは歩いている最中だったため頭部がずれてしまい、その衝撃からか頭を押さえている。着ぐるみのスタッフは不調を訴え園内の医務室で検査を受けたが、幸いにも大事には至らなかったという。

上海ディズニーではこうしたトラブルがたびたび発生している。17年11月10日には「デール」の着ぐるみを着たスタッフが頭部をたたかれて脳振とうを起こし、救急センターに運ばれた。同月18日には「プルートのヒゲを引っ張らないでください」と注意していたスタッフが暴行を受ける事件も発生。さらに、18年7月には「シェリーメイ」の着ぐるみを着たスタッフが後頭部を背後からたたかれ控室に運ばれる騒動が起き、同年10月にもミッキーの着ぐるみを着たスタッフが頭部をたたかれる騒ぎがあった。

今回の騒動について上海ディズニーランドの職員は28日、「着ぐるみを引っ張った男性をほかの来園客が撮影しており、騒動の後、男性の捜索も手伝ってくれ見つけることができた。現在、園側は警察と協力して対応を進めている」と明かした。さらに、「着ぐるみの頭部は多くの金属のパーツで固定されている。衝撃を与えるとパーツがずれ、中のスタッフがけがをする可能性もある」とし、たたいたり引っ張ったりしないよう注意を呼び掛けている。(翻訳・編集/内山
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事