日本は10年以内に6万トン級の空母を建造する―中国メディア

Record China    2019年1月30日(水) 0時0分

拡大

28日、新浪軍事は、日本が10年以内に6万トン級の正規空母を建造する可能性があるとする評論記事を掲載した。写真はいずも。

2019年1月28日、新浪軍事は、日本が10年以内に6万トン級の正規空母を建造する可能性があるとする評論記事を掲載した。

記事は「近頃日本政府は『防衛大綱』に、専用空母を発展させると記載した。これは、海上自衛隊がついに防衛から進攻へと転換したことを意味するものだ」と指摘。「事実、第2次世界大戦後、海上自衛隊は自前の空母を持ちたがってきた。米国のにらみによってそれは実現せずにいたが、今世紀に入って米国の制御力が低下したこと、中国が台頭してきたことから米国が海上自衛隊への縛りを緩め始めた。そこで、日本はついに空母保有の夢の実現に向けて歩み始めたのだ」と主張した。

そして、「日本は冷戦終結後からフラットな甲板を持つ揚陸艦の建造を始め、さらにはヘリ空母を作り始めた」と指摘。1990年代には排水量1万4000トンを誇る「おおすみ」型揚陸艦を建造し、今世紀に入ると「ひゅうが」型ヘリ搭載護衛艦を建造、さらには排水量2万7000トンの「いずも」型ヘリ搭載護衛艦を建造したことを紹介したうえで、さらに米国の黙認の下で「いずも」型護衛艦を改造してF35Bステルス戦闘機を40機程度搭載できるようにすることを決定したとしている。

記事は「海上自衛隊の計画によれば、電磁ミサイル発射システムなど重要なシステムが依然として研究中で、課題の克服にはなおも長い時間を要するという。しかし、日本の今の設計能力、建造能力からすれば、空母の建造は何も難しくない。2025~28年の間に、6万トン級の通常動力空母が海上自衛隊のスタンダードな空母になることだろう」と論じた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携