中国の鉄道への投資額、今年は史上最高に―中国メディア

配信日時:2019年1月30日(水) 8時0分
中国の鉄道への投資額、今年は史上最高に―中国メディア
画像ID  1063189
28日、人民日報海外版は、今年の中国の鉄道建設投資額が8500億元(約13兆8000億円)と過去最高を記録する見込みだとする日本メディアの報道を伝えた。写真は高速鉄道。
2019年1月28日、人民日報海外版は、今年の中国の鉄道建設投資額が8500億元(約13兆8000億円)と過去最高を記録する見込みだとする日本メディアの報道を伝えた。

記事は、日本経済新聞の報道として「中国がすでに決定している2019年の鉄道建設投資額は過去最高の8500億元にまで達した。中国鉄路総公司が近頃発表した年間計画によれば、今年新規着工する鉄道路線の総延長は6800キロで、前年に比べて45%増加する見込みだ。そのうち高速鉄道は3200キロで前年より20%少ないが、山岳地帯を越える重慶―昆明の高速鉄道が間もなく着工することで、全体的な投資額の見込みは大幅に増えた」と紹介した。

そのうえで、08年に中国初の高速鉄道路線が初めて開通してからの10年間で、中国高速鉄道は路線網建設、技術革新、産業化能力などの面において非常に大きな成果をあげたと説明。昨年末には高速鉄道の営業距離が3万キロに達し、「四縦四横」を骨組みとする高速鉄道網の基本が形作られたとしている。

また、この10年の間に日本やドイツなどの先発国の技術を吸収し、これを踏まえて自主開発を実現し、CRH380系列車を核とする高速鉄道の設備体系をつくったとしたほか、管理面においても各路線でそれぞれ異なる列車制御システムの開発に成功したと指摘。「現在、中国中車の高速列車設備製造能力は世界一であり、中国中鉄および中国鉄建を代表する鉄道路線建設能力も世界ナンバーワンだ」と評した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/30 16:14)

    中国高速鉄道が利益をあげているなら延長しようと勝手だが、実際には赤字経営で損失分を国民の税金で埋めているに過ぎない。その証拠に輸出した高速鉄道は建設途中で〈計画中止〉が相次いでいる。これは鉄道のプレゼンで説明された内容と、実際が違ったからだろう。赤字でも〈国のメンツ〉のため路線を延長し続ける中国。中国が崩壊する日も近いはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/01/30 10:52)

    建設するのは資金さえかければできるが、どれだけ活用されているのかな。 こんな情報もあるんだけど。 『たとえば、蘭新(甘粛省蘭州市-新疆ウイグル自治区ウルムチ市間)高速鉄道は、毎日往復160回以上の輸送力があるのに対して、実際には毎日4往復しか運行していない。この輸送収益では、電気代も賄えない」 (中略) 中国鉄路総公司(元中国鉄道部)の債務規模は2005年の4768億元(約7兆7000億円)から、2016年の4兆7200億元(約76兆4000億円)と急増した。 「輸送収益は、建設融資の利息を全く支払えない状況だ」』 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/01/30 08:51)

    中国政府は資金力あるし、トップダウンで執行も早い。 ただスピードは評価できるけど、後々問題山積しそう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事